わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

こんなんで残り8連戦も持つのか...



B6−4E

物足りないぞ、荘司...

前日のゲームでエース山本を攻略しておきながら、次の宮城で負けてしまってはほとんど意味がない。初回に浅村の2ランで先制したのだから、チームとしても畳み掛ける攻撃が見たかったところだし、特に荘司にはあそこから図に乗ってガンガン行ってほしかった。それくらいタフなルーキーぶりを見せてほしかった。

3回に追いつかれ、6回途中1アウトから四球とヒットで1、2塁にされると、ベンチからタオルが投げ込まれる。球数はまだ100球に到達していない。うぅ〜ん、なんか残念...。これでは並のルーキーではないか…。買いかぶり過ぎか。

安楽もソンももうひとつピリッとせず

安楽

で、荘司から代わった安楽も毎度おんなじ。ピンチなのは分かるが、なぜか四球絡みで必ず満塁にしちゃう。そしてお決まりのように1点を献上するのだ。そういう主義なのか、お前は...。

ソン

6回に1点勝ち越され、8回表に同点に追いついたその裏のマウンドはソン。渡辺翔太ではなかった。追いつき、勝ち越していれば、渡辺だったか。
ソンは連投。普通に頭数はいるが、結局はソンしかいない。あそこで酒居を使えないところが厳しい台所事情を物語っている。そして、2失点。早くも崩壊寸前だ。ブセニッツがいれば少しは変わっていただろうか。
オリックスが山岡を後ろに回したような、うちも何か工夫が欲しい。

打つ方の助っ人

2点ビハインドで迎えた9回表の攻撃。2アウトながらランナー1、2塁という場面で代打フランコ。一発出れば逆転という最高の見せ場だったが、うちの助っ人はこういうところでほとんど打たない。初球の高めのスライダーなんか相手がヒヤッとしたはずのホームランボールだったが、見事な空振りだった。相手チームの助っ人にホームランが出たので、余計に辛い...。

今日こそ

ホークスがつきあってくれてゲーム差は1.5のまま。せめて今日のゲームに勝って、ホークスとの直接対決(2連戦)に入っていきたい。
浅村がようやく戦力に戻ってきた。あとは田中の出来しだい。荘司との順番を入れ替えてまで田中に勝ち星を付けたいのだ。落とせない。