ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

楽天イーグルス戦を中心にプロ野球観戦日誌を書いています。ゲームがないときは身辺雑記も書くよ。

浜風

地の利
  • T1−6E

昨日も先制したのは阪神でした。初戦でも感じたことですが、さすがに阪神は甲子園をホームにしているだけあって、球場の特性を味方にしながら戦っているなあという印象です。地の利を生かした当たりは、前日に続いてまたもや大山でしたね。浜風に乗せた一発でした。
うちにもこの浜風を利用できる楽天では希少種の(右バッター)浅村という3番バッターがいるんですが、浅村の打球は風に乗せるというよりもドライブがかかってしまう傾向がある。それでもタイムリー、打ってくれました。先制された次のイニング、2アウトからでした。西川が出塁して、小深田がつなぎ、浅村が還す。楽天の得点パターンを久々に見ましたw。

しかし、浜風は阪神の攻撃のときだけ吹くわけではありません。昨日はこの浜風をうちのバッターも利用させていただきました。6番辰己が4回表に勝ち越しとなるソロを、ドライバー浅村も5回表にこの日3安打の小深田を1塁において2ランを、それぞれ溜まっていた鬱憤をうまく浜風に乗せてくれましたw。
あと、浜風とはぜんぜん関係ありませんが(いや、少しはあったのかな)、7回の満塁の場面で代打・銀次が2点タイムリーを打ってくれました。これまた楽天の得点パターンです。

連敗ストッパーは辛島

辛島のマウンドは久々でしたが、ボールのキレはあったので一安心。頬がこけた感じがあって、相当、追い込んでから一軍にあがってきたなと感じました。久々の一軍マウンドということもあったのか、高めに浮いたボールを打たれるシーンもありましたが、淡々と投げ込む辛島らしさは出てましたね。涌井の穴は大きいですが、辛島ならなんとか埋めてくれるでしょう。

それはそうと、鈴木翔天がいいですね。初戦に続いての連投でしたが、初戦でのピッチングが自信になったかな。甲子園球場の独特の雰囲気の中で掴んだ自信、これは大きいですよ。

ということで、昨日の予感は的中、楽天はようやくどん底を抜け出した感じがありますから、ここから再浮上、連勝を重ねていきたいところですな。

気になるパ・リーグ他チーム情報

なぜか楽天が勝つとソフバンも負けません...。初戦で負けたチームが昨日はそろって勝ったのかな....と思ったら、オリとハムは連敗でしたね。なんと、ハムは連夜のサヨナラ負けですが、BIGBOSS、大丈夫でしょうか。あれッ、ライオンは勝ったの...、1チームだけ連勝。ロッテは負けましたね。