わしろぐ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。身辺雑記もあるよ。

辛島が先発のときのイーグルスの野球が観てて一番面白いねw

野球の醍醐味

  • B1−2E

辛島が先発のときのゲームは面白い。ゲームの行方が最後まで分からない展開だから、一球一打に一喜一憂しながら観戦することになる。でも、これが野球の醍醐味なのだ。

柔よく剛を制す

相手の先発は山本由伸、こっちは辛島航。辛島は前回登板がロッテの佐々木朗希とのマッチングだったから、どうもそういう巡り合わせになっているようだ。しかし、辛島は負けない。昨日のピッチングも前回同様、辛島らしさ全開のピッチングで山本と堂々投げ合った。

イニングこそ山本が8回115球5被安打無失点だったのに対し、辛島は5回4被安打1失点だった。三振の数だって、山本の11はやっぱりすごいけど、辛島だって6つもとっているのだ。テンポよく投げて味方の援護を待つ、辛島のゲームメイクは前回のロッテ戦を思い出させた。

前回同様、辛島に勝ちは付かなかったが、この勝利は辛島のピッチングがあればこそ、とだれもが分かっている。辛島からソン、ブセ、宮森、西口とつなぐ間に味方が逆転、最後は松井にバトンが渡され勝利のゴール。これがイーグルスの野球である。

柔の3本柱

エースがゲームを支配して勝つというのはたしかに理想的だが、今の楽天にそのタイプのエースはいない。ゲームを壊さず、味方の援護を待ちながらテンポよく投げていくスタイル。

これが簡単なようで、意外とむずかしい。安定してそれのできるピッチャーを3人あげるなら、田中、岸、そして昨日の辛島くらいということになる。いわゆる「計算できる」先発ピッチャーである。

もちろん、先発完投型ではないから、リリーフ陣のナイスピッチングは欠かせない。そういう中で必勝リレーの新メンバー・宮森が出てきたのは大きいね。昨日も8回のマウンドを任され、オリックスの上位打線を抑えて岡島の同点ソロを呼び込んだ。

宮森とソラの違い

とは言っても、決して簡単なイニングではなかったね。2アウトまで簡単にとったかと思ったら、中川にヒットを許し、吉田正尚には、そのオーラに呑まれたのかストレートの四球、続く杉本に死球でたちまち満塁のピンチを迎える。ただ、ここから宮森の非凡なところが出たね。勝負強い宗を空振り三振に切って捨てた。

この開き直れるところがピッチャーとしての重要な才能であり、宮森が鈴木翔天と大きく違うところだろう。いきなり名前を出した、翔天(ソラ)、がんばれ...。

全員野球

ということで、岡島のソロホームランで9回表に同点に追いつくと、延長10回に先頭の渡辺佳明がヒットで出塁、炭谷が送りバントで進め、打順の回った上位打線がしぶとく四死球で押し出しの追加点をゲット、あとは松井裕樹が締めた。

1点のドラマ

松井のマウンドにも山場があった。先頭の大城がヒットで出塁し中川が送りバント、1アウト2塁で吉田正尚の場面だ。ただ、オリックスは1点リードの9回表に守備固めで4番の杉本を既に下げていたから、石井監督は迷わず申告敬遠を選択、自らマウンドに行き松井にそれを告げた。オリックスにしてみれば、1点を守るための選手交代が、1点を獲る場面でマイナスに働いたわけだ、これが野球...。

辛島が象徴

それにしても、全員野球の感じがいいね。それぞれが地味に自分の役割を果たして、それが勝ちにつながる野球....w。
辛島が先発のときはスムーズにそのスタイルの野球になるから不思議である。思うに、辛島自身がその象徴だからだろう。辛島が先発のときのイーグルスは、だから面白い。

さて、今日は弓削が先発。瀧中がコロナで離脱したので、岸をカード頭にスライドさせたのかな。
弓削が良かったのか、弓削しかいなかったのか、気になるところではあるが、弓削には昨日の辛島を見習って、「らしい」ピッチングを心がけてほしいね。