わしろぐ

楽天イーグルス戦を中心にプロ野球観戦日誌を書いています。

伊藤裕季也の入団会見を見た。

森原との交換トレードでDeNAから移籍した伊藤裕季也選手の入団会見があった。DeNA時代の写真では金髪だったのが、黒髪での入団会見だった。心機一転、リスタートという意気込みが感じられて良かった。

小郷選手とは大学時代のチームメイトだったらしい。辰己とも自主トレを一緒にやる仲らしく、移籍が決まったあと電話で2人に連絡したエピソードなどが紹介されていた。

そうか、あの世代ね。つまりは、辰己、小郷、渡辺(佳明)世代。内野手ということなので、渡辺とはライバル関係になるか。というか、バッティングが良ければ楽天では外野だってやらされるからw。

実績では渡辺がやや上の印象だが、伊藤は右打ちがセールスポイント、いい勝負になりそうだし、歯ごたえのあるライバルになってもらわないと困る...みたいなところはあるよねw。

伊藤との交換でDeNAへ移籍した森原も同じタイミングで入団会見が行われていた。実績の違いのせいだろう、伊藤はルーキーの入団会見のような質問だったが、森原はすでに戦力カウントの質問をされているように感じたw(この感覚は先入観かも...)。

ファンの中にはその実績の違いから1対1の交換では楽天の方が損しているんじゃないか、みたいな声もあったようだけど、うぅ〜ん、そこはちょっと違うかなあ...と個人的には思う。

プロ野球って、選手にとっても、チームにとっても、使われて(使って)なんぼの世界だから。たしかに実績のある方が使いやすいというのはあるかもしれないが、互いに求められている(戦力としての)要素が違っているわけなので、例えば、漁師が肉を食いたくなって猟師にトレードをもちかけ、「鯛一匹」と「野ウサギ一匹」の交換が成立、両者が満足しているところに周りで漁師が損しているとか言ってもなあという感じ(例えがわかりづらいかw...)。

ま、損得勘定は各球団に任せることとして、スポーツニュースの書きぶりなどをみると、どっちも出番は意外と早く来そう。

あっちの土では実をつけなかったけど、こっちの土に植えたら花が咲き実をつけた...となったら面白い。その楽しみが増えただけでもファンとしては得しているかもしれない。

ということで、今日はノリが先発でロッテ戦。ロッテがすぐ下にいるのはかなり不気味な感じだが、ロッテ自体、私的には予想していたよりも低迷しているかなという印象。ま、予想していたよりも突っ走っている感じがあるのはライオンズなんだけどね。ロッテに負けないようにというより、ライオンズに離されないようにする必要がある。結論はロッテに負けないことと同じ意味になるんだけどw。