わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

「主力抜きの最下位チームに完封負け」で思ったこと...

E0−5F

なんで弓削だったのだろう。2回から西口にするくらいなら最初から西口でいいじゃん。...は「たられば」か。西口の予告先発なら悪くても6回はいっただろう...。
しかし、石井監督の構想では西口はロングリリーフなのだ。「先発でも十分行ける」ことはわかっている。「たぶん弓削よりもいいだろう」というのもわかっている。
それでも西口ではなく弓削だった。それは...

  • (この先の)石井監督構想では、「ロングリリーフ」は先発と同じくらい大事なポジションなのだ。
  • (あと…)弓削でも5回はいけるだろうと思っていた。

でも、弓削に対する読みはあえなくはずれたな。
相手は西川も、近藤も、おまけにワンまではずして来シーズンを見据えた教育メンバーを組んできた日ハム打線だったが、初回から先頭を四球で出したかと思ったら、進塁打のあとに3連打であっさり2失点。

先発の弓削は1イニングで降板した。完全な起用ミスだった。ただ、駄目だと思ったらすぐに切り替える采配は石井監督の良さでもある。前任の三木監督には「瞬発力」が不足していたというのが石井GMの評価だったが、たぶんこういう切り替えの早さを「瞬発力」と表現していたのだろう。

石井監督の瞬発力のある采配は西口の力投もあってうまく軌道修正できたかに見えたが、相手先発の加藤が良すぎたね。

  • なにもこの時期
  • しかも楽天相手に
  • そんなピッチングしなくても...
  • というプロ初完封だった。

楽天打線は加藤の前に3安打8奪三振無失点と完璧に抑え込まれてしまった。ま、こうなってしまうと弓削でなくても勝てるゲームではなかったということだ。よくて引き分け...。これも「たられば」かw。

「負けられないゲームが続く」というようなコメントを楽天側から聞くようになってからなにか重苦しいゲームが続いている。下位のチームに連敗したかと思ったら、今度は主力抜きの最下位チームに完封負けって、いいのか!、この時期こんなんで?...という感じだ。

それにしても日ハムの若手はのびのびいいプレーしてたなあ。あれが加藤のピッチングを乗せたのか、それとも加藤のピッチングが若手の攻撃を引っ張ったのか。まさに理想的な投打の噛み合わせだった。

昨日の加藤と日ハム野手を見ていると、田中将大楽天若手野手(主力抜き)の組み合わせを一度くらいは見てみたかったかな...とか思うw。

ま、「過去は振り返らない」が石井監督のテーマのひとつ。今日からのオリックス2連戦はそれこそ一つも負けられないゾッと...w。