わしlog

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

弓削隼人は先発ではなくリリーフくさい?...

応援クリックの傾向

最近の傾向、日中のポイント数はそれなりに伸びるけど、夕方から夜にかけての伸びがほとんどない。読者が昼型に変わってきていると分析しています。夜型の読者にも受ける内容を意識したいと思いますw。

弓削隼人は先発ではなくリリーフくさい?...

www.nikkansports.com

弓削投手の特徴は「高身長」で「サウスポー」なところ。この2つはすでに持っている「武器」ですね。あとは記事にもあるように腕が遅れて出てくる独特のフォームでバッターを混乱させます。コントロールも悪くない。監督やコーチとしては使いたくなる要素を十分に兼ね備えていますね*1
ただ、ボールの強さが今ひとつ物足りないときがあって、誤解を恐れずに書いちゃうと、ボールを置きに行くようなピッチングのときがあって打ち込まれることがあります。和製ランディ・ジョンソンも、本家のようなスピードボールまでは持ち合わせていなかった、なかなか一軍に定着できないのはそのせいですが、今シーズンはけっこう強いボールを投げているようなので期待したいです。
小山コーチの口ぶり*2からすると、中継ぎでの起用もあるのかな。2軍で燻らせたままにしておくのは勿体ない戦力、そういうことかもしれません。先発入りするのは西口か弓削か。私の予想は西口が先発入り、弓削はリリーフですね。

左のリリーフということで言えば、個人的には辛島の復活が待ち遠しいです。31歳でしょ、まだまだ老け込む年齢ではありません。ピンチでも同様しないメンタリティは昨シーズンまでいた牧田にも匹敵すると思っています。もう一花咲かせてほしいですね。
ja.wikipedia.org

*1:「高身長」という点ではルーキーの松井友飛投手(190センチ)も面白そうです。ただ、サウスポーとなるとやはり弓削ですね。

*2:「これまでなかなか1軍というものをつかみきれていなかったので、どんな形でも、中継ぎだろうが1年間チームの戦力になってくれれば」、「パ・リーグは左の強打者が多い。なんとかそこにはまってくればという期待はあります」(記事より引用)