わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

攻めよ、勝ちたいなら...。

Bs6−3E

はい、3連敗。後ろに鬱陶しくついて離れないソフバンが勝ち。逆だったら昨日で楽天のCS進出が確定していたわけだが、なかなかうまくいかない。3ゲーム差。微妙な間隔だ。
いくらなんでもCSには出てくれると思うが、産みの苦しみというやつだな。

一昨日のゲーム後に、石井監督が「ベンチが若干おとなしい」とチームの雰囲気についてコメントしていたようだが、昨日のゲームのオリのベンチの様子と比べてもその感じは伝わってきた。覇気がないというか、気後れしているというか....。

例えばピッチャー、失点するときも最近はいつも四球がらみ。四球は逃げの証である。2アウトから無駄な四球で歩かせ、走られ、自ら苦しいピッチングにして、はいタイムリー...みたいなパターン。
攻撃も5回表に勝ち越したところまでは良かったけれど、裏に逆転されて一気に萎んでしまった感じだ。ほんとうはこういうときに助っ人外国人の存在(一発)に助けてもらいたいところなんだが、大砲不在の純国産ばかりでは皆仲良く萎んでいく...。

ちょうど今の楽天は先月後半から今月初め頃のソフバンの状態と似ている。そういえばソフバンの孫オーナーがツイッターかなんかでチーム(ソフバン)にこんな檄を飛ばしたことがあった。

「攻めよ、勝ちたいなら」

そっくり今の楽天に贈りたい。


優勝を狙うオリは昨日のゲームを入れて残り4ゲームという中の3ゲームが楽天戦だ。その最初のゲームを勝って先週の悪い雰囲気はすっかり消し飛んだかのようだ。CSのこともある。今日のノリでは死んでも負けられない。