わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

暴走列車とプレゼンター

E8−5L

暴走列車

ブレーキが壊れた暴走列車のような攻撃だった。浅村ブレーキをスタメン列車からハズしただけでここまで暴走するかという連打で3回に一挙5点。そして4回にも2点、5回には1点と小刻みに追加点も加え、ゲーム中盤には8点という大量リードの展開とした。

浅村は前日のゲームも途中でベンチに下がったが、「少し調子が悪いので...」と石井監督は説明した。怪我とか故障といったアクシデントも心配されたが、昨日のゲームに代打で出てきたところをみると、そういうことではないようだ。少し休ませて心身、特にメンタル(心)の方かな、リフレッシュさせてやろうというくらいのことだと思う。

そんなわけで、昨日のスタメンは

  1. 辰己
  2. 小深田
  3. 島内
  4. 茂木
  5. 大地
  6. 岡島
  7. オコエ
  8. 炭谷
  9. 山崎

というオーダー。

大地を2番から5番にまわしてきたが、3番大地、4番島内、5番茂木とスライドさせる形でも良かったと思う。大地ならチャンスメイクもできるし、ポイントゲッターにもなれる。

で、このオーダーが当たった。3回5得点の口火を切ったのはこの日9番に入っていた山崎だった。浅村の代わりにセカンドを守っていたから攻守に渡って見事代役を果たした格好である。そして1番に入った辰己もタイムリーで続く。3番島内がチャンスメイクすると、今度は4番茂木、5番大地と連続タイムリーだった。

しばらくはこのオーダーで暴れてみようか...。助っ人外国人はハズレ、和製大砲も不在というのが今のイーグルス。浅村が代打で睨みをきかせるというのは案外いいアイデアのような気がしてきた。

プレゼンター

スタメンから浅村をハズした作戦(オーダー)は上手くいったが、クローザーを牧田にする作戦は残念ながら失敗に終わった。牧田はテスト登板的な意味合いもあっただろうか...。点差もあったし、大崩れする心配のないところで送ったのだろうと思う。

牧田は先頭の外崎を打ち取っただけで栗山に2000安打、山川に2ラン、ウーにもヒットを献上した。プレゼンター牧田だった。焦らしとテンポの速さが持ち味の牧田だが、「見せ球」の球威が今ひとつなので持ち味があまり効いていない。変則投法にバッターが慣れてきたのもあるか。牧田は身体と併せて「見せ球」の球威(切れ)をもう少し絞り込まないと厳しそう。ウーへのプレゼントのあと酒居にスイッチした。

ソンはセットアッパーだったが、前日の抑え失敗を引きずっている感じはなかった。おそらく松井の代わりは基本ソンのままだろう。ソンと酒居を交互に起用するやりくりはあるかも。投手起用の上手さは石井監督の武器の一つだ。

岸もよかった、7勝め。あと、ライオン栗山は2000本安打おめでとう*1

*1:ミスターライオンの2000本安打が牧田と炭谷のバッテリーから生まれたというのもなんかドラマチック。涌井がいれば涌井でもよかった。