わしろぐ

ジジイのプロ野球観戦雑記です。身辺雑記もあるよ。/ in Sendai

ドラゴンズ戦も勝ってスタート

D0−2E

涌井を観たかった

 相手先発が涌井だったので、テレビで観たかったゲーム。久々に涌井の勇姿を拝みたかった。

 しかしこっちでのテレビ中継はなし。かろうじてラジオ中継があったので、それを聴きながら一球速報もチェックしつつ。

 中継を聴きながらコーヒーを淹れたり、終盤は風呂場で聴きました。「ながら」観戦(聴戦)できるのがラジオのいいところですw。

2018ドラ組と2020ドラ組の活躍

 チーム安打数はドラゴンズが8に対して楽天が6でした。安打数だけなら涌井の勝ちでしたが、得点に結びつく攻撃をしていたのが楽天でした。

 安打数が示すように早川にも何度かピンチがありましたが、味方が守りでそれを助けました。早川がそういうピッチングをしていたとも言える。

 早川は4勝目。藤井と並びました。藤井の前のゲームでは内も好投しており、早川、藤井、内と2020年ドラ組の活躍がスポーツニュースで話題になっていました。
 打撃陣は小郷、辰己、渡邊佳、太田の2018ドラ組が引っ張っています。

浅村を戻すタイミング

 浅村は昨日もスタメンからハズレました。浅村抜きで4連勝中、今江監督は浅村をどのタイミングでスタメンに戻すのか。

 代打ホームランでも1回くらいだとすぐにスタメンとはいかないような気がします。茂木が「代打の神様」と言われてもスタメンに戻らないくらいなので。

 交流戦明けに3番辰己、4番浅村、5番島内、6番フランコ、7番大地と組めるのが理想です。


石原が戻るタイミング

 太田のスタメンマスクが続いています。石原の出番はもっぱら右の代打として。残念ながら結果は出ていません。こっちも戻すタイミングがむずかしい。

winwin

 涌井は相変わらず渋いピッチングでゲームメイクしていたのが良かった。
 涌井とのトレードで楽天入りした阿部ちゃんもしっかりタイムリー打ってたし...。このトレードはwinwinということでいいでしょうかw。