わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

東北学院が愛工大名電に勝っちゃったよ...w

夏の甲子園、宮城代表の東北学院高校は甲子園初出場ながら名古屋の強豪、愛工大名電を破ってしまった。「しまった」は失礼か、みごと破りましたぁ...。
楽天のゲームでもペナントレース以外だとあまり興奮しないタイプの私が、このゲームは面白く最後まで観戦した一戦だった。

結果についての感想を正直に言えば...、

「まさか勝てるとは思わなかったよ...」

仙台育英でもなく東北(高校)でもなかった宮城代表。まぐれで勝ち取った「甲子園の切符」じゃなかったことを証明してみせた学院ナインはすばらしい。

観戦していて思った勝因はいくつかあるが、たとえば...

  • ピッチャー伊東くんが制球良く好投したこと
  • 各バッターが泥臭くボールに食らいついていたこと(綺麗なヒットではなかったがいいところに落としたり転がしたりしていた)。
  • エラーしても引きずらずに(バタバタせずに)すぐにリカバリーできていた、しかもそれが的確だったこと

勝負所でもこれらがしっかりできていたし、強豪校相手に臆せずプレーしていた。リードしても変に守りに入らず攻めていたのが良かった。甲子園という大舞台で初出場校がそれをやってのけたわけだから大したものだ。すごいね。よく訓練されているなあと感心した。

さて、甲子園でのこれからの試合だが、強豪校を破ったからといって変に守りに入ったり、カッコつけたりせずに、どこまでも泥臭く、しがみつくようにw、一方では伸び伸びと、ようするに昨日のような「学院野球」を見せてほしいネ。

昨日のゲームを観て「学院ファン」は一気に増えるだろう。校歌もよかったね。うちのカミさんが大声で歌ってた。「(ゲーム序盤とゲーム後の)2回も歌っちゃった...」と満足そうだったw。東北学院は大学もマンモス校だから仙台市内には卒業生を含めた関係者がかなり多いと思う。学院旋風が吹く予感w。