わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌と身辺雑記

世界一(金メダル)の次は日本一...と

侍jは金メダル。田中の出番は残念ながら無かったね。日本野球が悲願の金メダル獲得にも楽天ファンの私としては素直に喜べない複雑な心境だった。ただ、田中の嬉しそうな様子を見ているうちにだんだん気持ちも和んできた気がする。

田中コメント

  • 「チームでこの最高の結果を残せたことは心の底から嬉しい」
  • 「自分自身のパフォーマンスに関しては悔しさしか残らなかった」
  • 「感謝しかないです。たくさんの方々に支えられて、グラウンドで思い切りプレーをすることができたという風に思っています」

とする田中のコメントがスポーツニュースなどで紹介されていたが、これは田中の本心だろう。

これが田中

侍Jのメンバーがオリンピックの閉会式に出たことってこれまでなかったと思うが、今回は何人か出ていた。なんと、その中には田中の姿もあった。思うようなピッチングが出来ずに悔しがるがそれをいつまでも引きずらない。そして楽しむときは徹底的に楽しむ。これが田中だな、やっぱり。

今回の侍Jの中で田中は最年長、若い投手陣に世界戦で戦うときのアドバイスなども裏で熱心にやっていたらしい。田中はやはり違うな。デカイよ、人間が...w。そしてまさにプロフェッショナルだ。勝つためにそのとき自分のできることをやる。このメンタル構造こそが田中がメジャーで成功した最大の理由だろう。

ごめんなさい

先日のブログに田中の金メダルについて失礼なことを書いてしまった気がする。ごめんなさい...。
田中にはオリンピックのリベンジをペナントレースで晴らしてもらいましょう。金メダルの次はパ・リーグ優勝、そして日本一と...。田中の「本来の力」を必要とするのは楽天なのだから。ついでに言えば、6チームで争った世界一よりも12チームで争う日本一こそが最強である。ま、メジャーはあるとしてもだ。たのむぞ、田中将大。
www.washilog.com

これからが本番

話は変わって、エキシビジョンマッチでは涌井が好投したようだ。フォーム改造がうまく行ったという記事を読んだが、こうなるとオリンピックインターバルも悪くない。で、今日のゲームでは則本が投げるのかな。
田中と浅村が戻ってくるのはいいが、田中なんかは実戦でほとんど投げていないはずだからまた調整が難しそうだ。ただ、年齢的なことを考えると夏場の休養は良い方向に働く可能性が高い。しっかり調整して万全の状態で投げてほしいネ。最低でも二桁は勝ってもらわないと。