わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌

表vs裏の対決になる順番のようだね...。/ 弘前城の桜を見てきた。

弘前城の桜を見てきた。

f:id:uesugi_rintaro:20210427064308j:plain
土曜日、弘前城の桜まつりへ行ってきた。ご存知のとおり日本有数の桜の名所だが、まだ行ったことがなかった。今回は思い切って日帰りで行ってみたが、思ったほどハードではなかった。想像するに、新型コロナの影響がなければもっと混雑してただろう。新幹線も乗り継ぎの急行列車も空いていて快適な移動(旅行)であった。

ソメイヨシノは満開が過ぎてぼちぼち葉桜という状態だった。けど、お堀に散った花びらが作る「花筏(はないかだ)」も弘前城の名物である。初めて見たがなるほどイイね。

あとは「お岩木山(おいわきやま)」で有名な岩木山も綺麗だった。高さは2千メートル無いんだが、周囲に並ぶ山がないのでまさに王者が君臨している景色になっている。まさに「津軽富士」である。

表vs裏の対決になる順番のようだね…。

さてプロ野球の話。今日からオリックス戦だ*1。大阪は緊急事態宣言があったので無観客でのゲームになるらしい。それはいいが選手たち自身も感染しないように注意してほしいね。
こっちは「裏」に入る先発投手だが、どうやら向こうは「表」*2になるようだ。前の前のカードがうちの前のカードと同じライオンが相手だったが、うちは2勝1分けだったのに対し、オリは3連勝している。表のオリ、かなり手強そう...。
見どころはカード第2戦。則本vs山本という組み合わせのゲーム。昨シーズンまではまさにエース対決という組み合わせだが、今シーズンは違う。則本は「裏の2番手」という看板を背負っての登板になる。気負わず投げたい。(...と言ってもノリのことだからライバル心メラメラの状態で投げるんだろうなあ...)。

以前にも書いたけど、いつかは山本と早川の同世代対決を見てみたい。昨シーズンだったか、藤平との同世代対決が実現したが、藤平はいきなりの危険球退場で「投げ合う」ところまでいかなかった。まるで敵前逃亡...。その後、この2人の対決は実現せず。というか、藤平が一軍の土俵に戻ってくることがなかった。「対決」以前の問題だった。
なので楽天の98年組代表格は藤平ではなくて早川であるというところをバッチリ見せておきたいw。
www.washilog.com

*1:緊急事態宣言の影響で29日のゲームは中止になったようだ。2連戦のカードということだね。裏3番手の瀧中はまた飛ぶね。ただ入り込む余地がない...。

*2:開幕投手の山本が入るローテ