わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌、ときどき身辺雑記

甲斐ひとりにやられた

H6−4E
辰己の1番バッターってどうよ...

いきなりの四球で出塁したトップバッター辰己だったが、2番小深田がボール先行のカウントのところで盗塁アウト。相手先発の立ち上がりが落ち着いていなかった状況で仕掛けた勿体無いアウト。サインだったかは不明。
そのあと2アウト2塁の場面で浅村のショートゴロを相手がタイムリーエラー、先制点となりこれでおあいこ...と私は自分を落ち着かせたw。

ただ辰己の1番ってどうなんだろう...と私の中では最近ちょっと懐疑的。2番小深田と逆じゃないか。あくまで印象的なものだが、辰己はチャンスメーカーというよりポイントゲッター。それに比べて相手の1番周東は嫌だなあ。出したら失点のイメージ。残念ながら辰己にまだそのイメージはない。

北九州市民球場の男・甲斐ひとりにやられたゲーム

うちの先発・岸は初回から低めのストレートがストライクに。ボールももちろん良いがあそこを取ってくれる主審とも好相性なのだろう。岸としてはありがたい感じで立ち上がるw。
と思ったら2回裏2アウト2、3塁でバッター甲斐は北九州市民球場と好相性とアナウンサーが紹介した直後の逆転3ランだった。おいおい、あまりにも不用意だろう...は結果論か。でもあそこでホームランはダメだろう。
と思ったら3回表に今度は島内の3ランが飛び出した。いやあ、目には目を歯には歯を、3ランには3ランだ。いいぞ。逆転...。
と思ったら4回にあっさり追いつかれた。デスパイネのタイムリーだった。シーソーゲーム。
4−4の同点で迎えた6回裏、北九州市民球場と好相性の甲斐にまたまた2点タイムリー。甲斐一人で5打点。なんで? あんだけ相性がいいって言ってるじゃない...。だからなんだ??は岸なんだけど、その岸も「地方球場の鬼」とか呼ばれていたはず。甲斐は桃太郎か...。

これがホークスなんだなあ

2番に入った柳田を岸が3打席3三振に抑えていたんだけど、よりによって9番バッターの甲斐ひとりにやられてしまった。これがホークスなんだなあ。

うちの攻撃は5回表の1アウト満塁のチャンスをものにできず。茂木と大地が続けて倒れた。これが響いた。というか、笠谷からスイッチした津森が良すぎた。ホークスの選手層の厚さよ...。

こうなると7回表にはモイネロ登場でまったく歯が立たず。これでほぼ勝負あり。8回表は岩崎に、9回表は森に、いずれも三者凡退でゲームセット。

6−4というスコアはまさに今の力差だな。

この差を埋めるにはやっぱりディクソンとカスティーヨの合流しかないね。
www.washilog.com