わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌、ときどき身辺雑記

早川の負けを前日の弓削につけたいくらいだな...

ま、こんなもんだろう...

E0−2H

マー君が不在で助っ人外国人も不在、おまけにチームで一番当たっていた茂木も身体の張りを訴えて不在ときた。こんな状況でこのカードも勝ち越しとなったらあまりにも出来すぎだ。

ま、弓削が登板した第2戦が敗戦で、涌井の投げた第1戦と早川が投げた昨日の第3戦が引き分けだった...くらいに考えてちょうど良いホークスとのカードだった。

ホークス相手だとやっぱり地力の差選手層の厚さの違いを感じてしまう。

マー君が戻ってきて、助っ人が期待どおりのポテンシャルがあって、それでようやく張り合えるかどうか...。そのくらいの感じかな。

昨日の早川くん

東北ブルーマッチは超快晴。早川の雨男説は早々に取り消したいw。

その早川は昨日がプロ3度目の登板。これまでの雨天最悪のコンディションでもどうにかゲームを作ってきた実力は本物だ。

快晴のマウンドでどんなピッチングを見せてくれるか。ある意味、本来の早川の凄さを見れるかもしれない。そんな期待を持っての観戦だった。

さすがの立ち上がり

1番周東にはヒットを許すも、2番今宮、3番柳田と連続三振。4番のグラシアルを迎えたところでボークを取られランナーの周東は3塁へ。
しかし早川はこれに動揺することなくグラシアルを三球三振にうちとった。

うちのルーキーです。すごいでしょ....(・∀・)。

早川のピッチングについて

毎回感じていたことだが、投げた後の身体のバランスが安定している。横にぶれたりすることがない。投げたボールの起動を目で追うようにフィニッシュしているところは涌井と一緒だ。

なのでボールが暴れることもないし、投げながら修正している感じが見える。表現がどうかとは思うが、ピタッピタッとボールを際どいところへ貼り付けるようなピッチングだ。

4回に先制点を許す

デスパイネのタイムリーだった。がっぷり組み合うとさすがにホークス打線は粘り腰のきいた嫌な攻撃を仕掛けてくるという感じ。
さすがの早川もポンポンポーンとテンポよく片付けられないので少し戸惑っていた印象だったね。

6回に安楽へスイッチ

粘り強く投げていた早川だったが、6回表、2アウトからグラシアル、栗原と連続安打され2アウト1、2塁、バッターデスパイネというところで石井監督は安楽にスイッチした。
ここらへんの投手交代はピッチャー出身の監督ならでは。危険な匂いを察知してのことだろう。

安楽はデスパイネを四球で歩かせたが、次の中村を三振にして任務完了。安楽は次の7回表も続投し、三者三振。グッジョブ!!

攻撃

何度かチャンスはあったけど、昨日は鈴木大地がブレーキになってしまった。ま、当たってなくても代打で出せる選手がいないところがホークスとの違い。

相手先発の松本裕樹も良かった。4回を2安打に封じられてしまった。

松本は岩手の盛岡大附属高校出身なんだね。もともとの出身は神奈川のようだけど、相手チームの東北ゆかりの選手の活躍はちょっと複雑だ。年齢は25歳。うちの西口なんかと同じ年齢になる。

和田が抜け、千賀が抜けても若いのが出てきていい仕事をする。さすがの層の厚さだ。

ヒット数はホークスの10本に対しイーグルス4本。これで前日同様に引き分けにでもなったら心苦しいところだった(負け惜しみですw )。