わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌、ときどき身辺雑記

則本は不倫騒動で凄みが増した感じ。松井裕樹は結果オーライで次から落ち着きそう(昨日のセーブはカズキに付けたいくらいw))...

録画チェックしたイニング

M1-2E

ロッテとの第2戦はデーゲーム。当然、観れるわけがない。
ゲーム結果をチェックしてから帰宅。1点差の渋い勝利だ。先発則本は7回途中で1失点で降板したようだし、1点リードで迎えた9回裏にはクローザー松井裕樹が出たようだ。スコアだけ見れば強いチームの勝ち方である。

帰宅してから録画チェック。チェックしたのは

  • 則本の立ち上がり(1回裏)
  • 楽天の先制のシーン(6回表)
  • 先制したあとの則本のピッチング(6回裏)
  • 則本の失点シーン(7回表)
  • で、最後は1点差の松井裕樹(9回裏)

則本の不倫&離婚騒動の影響チェック

不倫&離婚騒動で則本の立ち上がりを心配していたが、まったく関係なかったみたい。というか、逆にうっぷんをぶつけるかのような気迫のこもった立ち上がりだった。1番荻野を空振り三振、2番マーティンをファーストゴロ、3番中村を空振り三振という具合。
周りがヤジを飛ばしていたかは分からないが、全身から「何か文句あっかぁー」というオーラを発散しているようだったし、相手打線も「いえ、ぜんぜんありまシェーン」という感じの立ち上がりだったね。

不倫&離婚報道でヒール役になったことで則本は逆に開き直ってマウンドに立てていたかもしれない。ところがヒールのオーラは味方攻撃陣をも萎縮させていた可能性があるw。昨日のゲームではたったの4安打だった。
ただ、相手先発の岩下が出した四球5つのうち4つが先制した6回表に出た。で、2アウト満塁の場面になったところでこの日4安打のうちの一本が茂木の2点タイムリー。いやあ、重苦しいねえ。でもこれが野球だw。

そして味方が先制した(6回)裏のロッテの攻撃に対しての則本のピッチングがこれまた鬼気迫る投げっぷりだった。
先頭の田村、次の藤原をポンポンと2アウトにすると、トップの荻野には150キロ台の速球とキレのある変化球でぐいぐい攻めていた。もはやギアチェンジしたというよりもこれが最終回みたいな全力投球に見えたけど...。
で、荻野にはヒットされるも、次のマーティンは150キロ台のストレート連発で最後はライトフライに打ち取り0点で切り抜けた。則本もここが勝負所と見たのだろう。

ただ、則本は次の7回、先頭の中村をゴロで打ち取るも次の安田、レアードと連続四球で歩かせ、菅野にタイムリーを打たれて1点を献上した。で、ここで渡辺佑樹にスイッチ。
さすがに6回裏のピッチングで精魂尽き果てた感じだった。球数も100球に到達、一発のある2人に対して気力は残っているが身体がついていってない感じに見えた。警戒しながらの制球力までは残っていなかった。

1点差の松井裕樹チェック

さて、最後はクローザー松井裕樹だが、今シーズン初の1点差ゲームということもあってか、かなり力んでいた印象だ。以前の松井裕樹に戻ったかのようにボールが暴れまくっていた感じ。
1アウト2塁の場面で出てきた代打・山口のライトフライは田中カズキに交代していなければフェンス直撃の同点打になっていただろうという当たりだった。つまりカズキがアウトにした。これで2アウト。最後は藤原との対決になったが、これは空振り三振にきってゲームセット。
松井裕樹が締めた格好になっているが、実はカズキが締めた。田中和基にセーブをつけたいような締めくくりだったなw。ま、松井裕樹もこれで吹っ切れたというか落ち着くと思うので結果オーライだ。


応援クリック いつもありがとうございます。
にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村