わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦雑記

会見のときの印象はマー君ではなく、マサヒロ・タナカだったなあ...。


f:id:uesugi_rintaro:20210130192417p:plain
日本一請負人です。

今日もマー君。

気になるのは復帰最初のシーズンで何勝するんだろう...ということ。

過去の「メジャー帰り」たちの勝ち星をまとめた記事を見つけたので引用しておくね。

  • 阪神 伊良部秀樹 

2003年 27試合 13勝8敗、防御率3.85

  • ヤクルト 石井一久 

2006年 28試合 11勝7敗、防御率3.44

  • 広島 黒田博樹 

2015年 26試合 11勝8敗、防御率2.55

  • ソフトバンク 和田毅 

2016年 24試合 15勝5敗、防御率3.04 最多勝 最高勝率

  • ソフトバンク 岡島秀樹 

2012年 56試合 0勝2敗24ホールド9セーブ、防御率0.94

  • ソフトバンク 五十嵐亮太 

2013年 51試合 3勝3敗11ホールド12セーブ、防御率2.53

我らが石井監督もいる。二桁勝利は立派だ。レジェンド黒田もさすがの二桁。26試合で防御率2点台というのもすごいわ...。で、トップは意外や意外、ホークスの和田だった。松坂世代でいまだに輝き続けていることから考えても、「適応力」が優れているのだろうと思う。
ということで、マー君の場合も最低二桁、目標は15勝超えかな。とか安易に考えていたのだったが...。


夕方から会見があった。
三木谷オーナーまで同席する特別感満載の会見だった。石井監督も言うようにマー君はやっぱりスペシャルな選手なのだ。

会見の様子。
もともと年齢以上に大人びた雰囲気を持った選手だと思っていたが、さらに落ち着きとオーラを増して戻ってきた印象である。

あの雰囲気でマウンドに立っていてくれたら周りの選手たちは負ける気しないよね、マジでw。それくらいの安心感、包容力を漂わせていた。そこにいるだけでその場を制している雰囲気がやっぱりすごい。
ときどき見せる笑顔も、以前のような単にチャーミングというのではなく、どこか不敵なイメージ、凄みが出てきた。いいね...w。

震災10年目というタイミングとか、アメリカでやり残したこととか、東京オリンピックのこと、ヤンキースのこと、他のメジャー球団からのオファーのことなどなど、いろいろ興味深い質問テーマがあったけれど、どれもこれも実にマー君らしい答えで良かった。
想定内というのではなくて、なんというかファンの期待を裏切らない答えという感じ。

もう、あの会見を見たら、「15勝超えを目標に...」などというのは失礼じゃないかという気になってきたよw。