わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。オフは興味のあった話題について「思ったこと」を書いてます。

三木、野村、伊藤のベンチ3本柱がそっくり抜けた。


楽天の2021年コーチングスタッフが決まった。

full-count.jp
三木、野村、伊藤のお友達ベンチ3本柱がそっくり抜けた。ま、変わるとしたらこれしかないよね、という感じ。野村と伊藤は2軍からも消えた。見た目どおりだったということか。

ポジション 名前
監督 石井和久
一軍ヘッドコーチ 真喜志 康永
一軍打撃コーチ 金森 栄治
一軍打撃コーチ 渡辺 直人
一軍打撃コーチ 鉄平
一軍投手コーチ 石井 貴
一軍投手コーチ 小山 伸一郎
一軍バッテリー兼守備戦略コーチ 光山 英和
一軍内野守備走塁コーチ 奈良原 浩
一軍外野守備走塁コーチ 岡田 幸文

三木さんを活かす

もしかしたら「三木さんはもう1年やるのかな...」、とも思ったけど、さすがにそれはなかったね。というのも、続投となれば、今シーズン以上にプレッシャーのかかるシーズンとなるわけで、「今シーズンの三木さん」を見る限り、とても務まるとは思えない。三木さんの良さを出せるポジションは結局ファームでの選手育成というところに落ち着いたということだろう。勝負師ではなく指導者ということ。

仮に三木さんが監督を降りるとしたら、だれかのヘッドコーチとして残るのかな、とも思ったけど、石井さんが監督やることになって、それではどっちもやりづらい、言いづらい、そういうことなのかもしれない。

ま、三木さんの代わりとなると、なかなか人選が難しいところだけど、石井GMなら見てみたい気がする。個人的な感想として...。

石井さんの強み

岸や涌井といった西武時代に一緒した実力派ピッチャーたちが石井GMのことを慕っていたのは有名な話。則本も選手会長という立場で石井GMを尊敬しているようなコメントを出していたことがあった。この3人の実力派ピッチャーたちをグリップできる存在というだけでも、三木さんのときの弱点だった部分をかなりフォローできるような気がする。
www.washilog.com

あらためて石井GMに期待する要素
  • 結構やり手
  • かなり野球知ってる
  • 平石ではなく三木を選んだ
  • 三木谷からの信頼が厚い
  • 情に流されない(あくまでイメージ)
  • ドラフトで分かったとおり、「持っている」
  • 選手たちが一目置く雰囲気を持っている

で、次に各コーチの印象やら感想やら。

ヘッドコーチ

またまた真喜志コーチが戻ってきた。平石監督のときも「支え役」としてヘッドやってた記憶があるけど、この人にはそういう特別な才能があるのだろうか。「そういう」というのは脇に置いておきたくなる「お守り」のような才能...みたいな。

打撃コーチ

金森コーチは不動だね。実績が物語っている。そして、鉄平が残り、直人が加わった。鉄平の代わりに直人と言われた時期もあったが、いつの間にか有耶無耶になってここに落ち着いた感じ。石井さんもオフェンスはそれなりに評価していたから大丈夫だろう。

投手コーチ

石井貴コーチの手腕はよく分からないが、伊藤コーチでなくなったことの変化に期待したい気持ち。涌井がPRした「コヤシン」で有名になった小山コーチは残った。

一軍内野守備走塁コーチ

奈良原2軍監督が一軍に合流。楽天のファームを日本一に導いた手腕をコーチとして使う贅沢さ...。影の作戦コーチ的存在か...(勝手な想像だけど。)。

一軍外野守備走塁コーチ

岡田幸文といえばロッテのイメージが強いけど、いきなり楽天の一軍コーチへの抜擢だ。単純に期待しかない。

おわりに

石井新監督のコメントがいい。
「自分が中心になって、チームを動かしていきたい。監督は、批判いっぱい、称賛少しの仕事だと思うが、信念を持ってやっていきたい」
楽天に来てからのいろいろな「批判」を「称賛」に変えてきた石井さんである。監督になってもその手腕を見せてくれるだろうと期待したい。