わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

メヒア対策、7回の牧田投入までは良かったけど9回に太田を代えなかったのは詰めが甘かった...かな。


E2−3L

2点リードの9回表、2アウトからメヒアの3ランで逆転されました。これがあるから野球は恐いです。メヒアはどんだけ楽天と相性がいいのか。

前日のゲームでは攻撃のチャンスでキャッチャー足立を代えなかったのが敗因だとするならば、この日のゲームでは守備のピンチでキャッチャー太田を代えなかったのが敗因のような気がします。

メヒアの打席。
カーブ、カーブで「0ボール2ストライク」と追い込んでからの3球め。よりによって同じカーブのサイン。ミットは外側低めに構えていたようですから、太田は外したつもりだったのかもしれません。が、カーブのサインであのミットの位置だと真ん中軌道はありうるでしょ...。しかも、メヒアは前の打席でも落ちるボール予測で打席での立ち位置を前に移動しながらスイングしていたくらいですから、あのときもカーブでの3球勝負は読んでいたくさい。そうでなければ、あそこまでジャストミートできないでしょ...。
太田の配球、小賢しいというか、中途半端というか...。はずす要求が曖昧だった。結果的に3球使えた「ボール球」を一球も使うことなく、レフトスタンドへ持っていかれてしまいました。最も警戒すべき場面だったのに、追い込んでからの配球があまりに安易でした。危機意識が無さすぎです。太田がキャッチャーとしての身体能力は群を抜いているにもかかわらず、主力ピッチャーからの信頼を今ひとつ得られずにいるのは、こういうところにも一因があるような気がします。
さすがにバッティングセンス0の足立でも、あそこの配球は間違えなかったと思うのでした...。あぁ、悔しいったらありゃしない。

ついでに言うと、1点リードで迎えた7回表、相手は5番外崎から始まる打順(5番外崎、6番森、7番メヒア...)でしたが、ベンチは宋ではなく牧田をマウンドへ送りました。普通なら「宋→牧田→ブセニッツ」と行くのがこれまでの必勝リレーのはず。
私はきっと「メヒア対策」なのだろうと思って見ていました。メヒアはパワーピッチャーに滅法強いですから。松井裕樹もメヒアにはさんざん泣かされてきました。メヒアとの相性ということになりますが、松井と同じタイプの宋ではメヒアにやられる可能性があるとベンチは踏んだのだと思います。
で、ここの読みは当たりました。そしてメヒアのいない8回表を宋はなんとか0点で切り抜けます。
ところが、よりによって9回表にメヒアまで打順が回ってしまいました。7回の牧田でメヒアを切りましたので、あとはメヒアに回さずゲームセットという段取りのはずが、そうは行きませんでした。
まさかまさかの逆転3ランを食らったのでタラレバで言うのですが、メヒア対策の詰めが甘かった。ピッチャーが代えられないならキャッチャーを代えてでもメヒア対策はやるべきでした。恐ろしや、メヒア...。

f:id:uesugi_rintaro:20200823142748p:plain
そこにカーブでいいのか、本当に...