わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

異例のシーズンですが、三木監督の「引き出し」の多さに期待です。


www.kahoku.co.jp

キャンプとオープン戦を通して「三木野球」が選手たちにだいぶ浸透してきたところだったのに、今の「開幕延期中」がとても残念で悔しいです。

選手一人ひとりの身体に染み付いてきていた感覚も、実戦から遠ざかっているこの1ヶ月近くの間にだいぶ薄れてしまったのではないか...。

ま、一番悔しい思いをしているのは選手であり、やはり三木監督本人なんだろうとは思います。

その三木監督が選手たちへ送ったメッセージが

「今を大切に」でした。

「この状況だからこそ学べること、考えさせられることがある」
と三木監督は言います。

f:id:uesugi_rintaro:20200426134809p:plain

「転んでもただでは起きるな」

ということですね。これこそ三木野球の考え方そのものです。

上の記事の中で気になるコメントがいくつかありました。以下抜粋。

全体練習が再開したときを見据えての練習メニュー

「まずは一人一人が、そして、チームとしても前向きに取り組める環境、雰囲気をつくりたい。そこに重きを置いて、どういうメニューにするかを考えたい」

異例のシーズンを迎える上での心構え

「誰もが経験のないことなので、難しいし、対応力が求められる。『最善を尽くすしかない』ということだ。準備や予測をしていく中で、臨機応変に柔軟性を持って修正し、対応していくことが必要になる」


チームに浸透しつつあった三木流野球は一度中断され、仕切り直しの印象もありますが、ここからが

三木監督の本領発揮

という感じがしないでもありません。

なんといっても引き出しの多い監督ですから...。
www.washilog.com

だれも経験したことのない異例のシーズン。どんな風にチームを導いてくれるか、ゲームそのものだけでなく、こういうときの対応力でも「三木流」が楽しめそうな予感がしています。