わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

タケロウの正捕手への道はこんなに過酷である...。


www.sponichi.co.jp

タケロウ(岡島豪郎)がピンチです。

自身の不利な状況(事情)が新たなハードルを作り、それをクリアしようと頑張ることで怪我のリスクがさらに増す(生まれる)という悪循環。

しかし、これをクリアして初めてゴール(正捕手)が見えてくる。....みたいな過酷なレースになっています。

タケロウにとって不利だなあと思う状況(事情)
  • 若くない(31歳は支配下キャッチャーの最年長)
  • キャッチャー転向(6年ぶりのキャッチャー登録)
  • 昨シーズンは一度も一軍ゲームなし
  • 怪我をしやすい体質(これは「若くない」こととも密接に関係しているか...)
  • 太田、下妻が良いアピールをしている。いずれはこれに堀内も参戦。

www.washilog.com

上の状況から作り出されるであろう新たなハードル
  • キャッチャーというポジションは怪我をしやすい。
  • キャッチャーとしての経験をより多く積まなければならない。
  • キャッチャーとしての実績をより多くアピールしなければならない。
  • 他のキャッチャーとの違い(バッティング)でアピールしたい。
  • ピッチャーあってのキャッチャー、ピッチャーとの信頼関係を作らなければならない。
  • 信頼関係を作るための(実戦での)バッテリー機会を多く必要とする。
  • ただ多いだけでは足りなくて、各ピッチャーがタケロウのリードを高く評価してくれることが必要。

なのに、怪我で復帰まで4週間。道はさらに険しくなってしまった。

ファイト! タケロウ。