わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌

早川へ、というよりは自分自身に向けてのコメントだな...。

早川だけ?

則本が入団の決まったドラ1ルーキーの早川に贈った「プロで成功する要素」コメント

「真っすぐが通用しないとか、壁にぶち当たることもあると思うが、ダメだと思わず自信を持ってやること。自分を信じることが一番大事」

なんかそのまんま則本自身へ贈ってやりたいコメントだな...と思った。というか、まさに壁にぶち当たっているのは則本自身だし...。

開幕1軍を監督から早くも公言されている早川だが、則本自身もたしかルーキーイヤーは開幕1軍だったはず。しかもこの年に日本一と二桁勝利と新人王獲得を経験した。そのときにフォローしてくれた田中将大や嶋や小山といった先輩たちと今の自分が重なるのだろう。

藤平も

ま、「当時の自分と早川」、「今の自分と田中将大」とそれぞれのイメージを重ねるのは勝手だが、則本には早川だけでなく、早川と同世代の藤平の面倒もみてやってほしい。藤平こそ今まさに壁にぶつかって下を向いている状態だ。それに以前は「チーム田中」で一緒に自主トレしていた仲なんだから...とも思ったり。

ま、藤平の方が最近は「チーム岸」に鞍替えしたくさいので、藤平自身が則本とは別のスタイルを歩もうとしているのかもしれない。
(藤平のこと)同じことを繰り返しできない、壁にぶつかるとコロコロ変える...は、戦力外の前ぶれとだれかが言っていたのを思い出した。取り越し苦労であってほしい。
www.washilog.com
www.washilog.com

キャッチャーも

あと、ついでに言えば、則本にはピッチャーもいいけど、若いキャッチャーたちとのコミュニケーションをもう少し深めてほしいとも思う。で、その点は涌井に倣うべきだ。

ロメロも

話はガラリと変わるが、ロメロとの契約。交渉でのお互いの条件にはかなりの距離感があると石井監督はコメントしていたようだが、いずれはまとまるような気がしている。というか、まとまめてほしい。オリックス時代も入れると複数年NPBで結果を出しているわけだから、適応力を含めた実力は実証済みと見ていい。開けてみないと分からない新しい助っ人を獲るより戦力になる確率はかなり高いと思うから。