わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

いまだ初勝利ナシだけど、楽しみな選手がそこそこ結果を出しているから良しとするw...(タイガースとの練習試合)。

 昨年の日本一チームである阪神との練習試合。そこに先発でぶつけたのは早川隆久だったから、今江監督の頭の中の開幕投手筆頭候補は早川だったはず。で、その日本一の上位打線相手に2イニングを無安打無失点3奪三振にまとめたから、今江監督のイメージも「早川の開幕投手」の線がだいぶ濃くなっていると思う。とはいえ、まだオープン戦も始まっていないし、昨年の日本一とはいえ初の対外試合だったということを考えても本決まりはもう少し先かな。ま、早川が筆頭候補であることには変わりはないが。
 スポーツナビの一球速報で早川の2イニングだけチェックしてみた。ゲーム前にはオフから習得中のカットボールを試したいようなことコメントしていたようだが、たしかに打者7人に対し、まんべんなく投げていた。特にゲーム前に名前を出していた佐藤輝との対戦ではカットボールを2球続けていた。1球めは外低めにハズレ、2球目は内側低めに決めたがファールだった。あの2球目を打ち損じと見るか、上手くファウルにされたと見るか...、けっきょく佐藤輝は四球を選んで出塁した。勝敗つかず。佐藤輝への2球のカットボールはいずれもいいところに投げ込めていたように見えたが、はたして早川の感触はどうだったろう。
 早川といえば課題はなんといっても左打者である。左打者の内側をついて行けるかどうか。昨日の7人のバッターの配球分布だけ見ると、コース、高低がバランスよく投げ込めていたのはやはり右打者かなという印象だったが、対左の結果もオーライだったから左への配球は意図的だったとも考えられる。正直まだわからんw。



 今江監督のロッテ戦でのカミナリがぜんぜん効いてなかったのが弓削だ。1イニング打者8人に対して被安打3、2死球の3失点はもはや意識以前の問題のような気がする。弓削の前に投げた育成の清宮が1イニングを3人でピシャリと抑えたから変なプレッシャーを感じていたかもしれない。技術的にもメンタル的にも1軍のレベルにあるとは思えない。2軍調整からリスタートでいいんじゃないか。

 攻撃では平良と黒川の2人が猛アピール。今江監督が強化選手に指名していた2人だが、この2人はがぜん楽しみな存在になってきた。あと育成の山田遥楓ね。なんだかんだと結果を出しているところがイイね。石井チルドレンの伊藤ユキヤとは同世代のようだが、ユキヤの強力なライバルになりそうで楽しみ。というか、ユキヤがちょっと物足りないぞ。
 カズキはチャンスをもらっているがなかなか結果に結びつかない。当たり自体は悪くないようだが、それがかえって「持っていない」感を漂わせていて痛いw。一本出て早く落ち着きたい。小郷の強力なライバルになるだろうと予想しているが、今のところはルーキー中島の方が一歩リードという印象だ。
 キャッチャーでは堀内に一発が出たことで正捕手争いが面白くなりそう。堀内がイケイケの性格でこのまま一気に化けてくれることを期待したい。安田が消息不明なだけに、正捕手レースが太田の楽勝に終わってはチームにとってもマイナスなのだ。堀内たのむ...w。