わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

移籍1年め




www.nikkansports.com

 「前半がダメダメだった」と阿部寿樹内野手。契約更改は700万円減の5800万円で終えたようだ。減額制限の25%減を覚悟していたとは本人のコメントだが、涌井とのトレードだったし、球団の期待は身に沁みていたのだろう。

移籍組の成績比較

 移籍組といえば2022シーズンには日ハムをノーテンダーになって楽天に来た西川がいたが、彼と比べて阿部はどうだったのか。気になったので西川の移籍1年めの成績をチェックしてみた。

今シーズンの阿部
  • 出場:78試合
  • 打率:.255
  • 本塁打:4本
  • 打点:24打点
昨シーズン(2022シーズン)の西川

 昨シーズンの移籍組である西川の2022シーズンの成績はというと、

  • 出場:108試合
  • 打率:.218
  • 本塁打:7本
  • 打点:37打点

 たしかに阿倍に物足りない感は残るが、このシーズンの西川のスタートダッシュが凄すぎたというのもある。

 阿部は、リーグが変わり、チームが変わり、住環境が変わりと選手にとってはいろいろアジャストしなくてはならないことが多すぎて大変だったと思う。前半はダメダメだったかもしれないが、後半は「らしさ」も出てきていた。来シーズンは後半の「らしさ」をスタートから出せればサード本命は阿部でいいだろう。

ライバルとの比較

 阿部のポジションはサードとファーストだが、できればどっちかに固定したいと思った。ファーストの守備にはやや不安なところが見えたし、サードの守備も間隔が空くと安定感を欠くところがあった。守備はどうもそれほど得意なわけではないと見た。で、どちらかというとサードだろうな。

 サードといえば、ユキヤと一緒に「右打者」という特性を生かして、茂木の出番を奪った印象がある。その茂木はFA権を行使せずにイーグルスに残ったから、今シーズンは移籍組としてのアドバンテージなしでガチの勝負になりそうだ。それでも阿部の右はそれだけでアドバンテージだから、茂木がそれを超えられるかどうかがポイントだ。この勝負にユキヤと黒川がついてこれるか、そこだな。

昨シーズン(2022シーズン)の茂木
  • 出場:73試合
  • 打率:.223
  • 本塁打:9本
  • 打点:30打点

 茂木は最低でも2021シーズン*1の状態に戻さないと勝負にならないかも。茂木の復活と阿倍の覚醒と、どっちが来てもチームの戦力としては頼もしい。

ついでに今シーズンのユキヤ
  • 出場:84試合
  • 打率:.245
  • 本塁打:5本
  • 打点:16打点

 こちらはもう少し勝負強さがほしかった。チャンスでは力み過ぎたかな、やや空回りの印象あった。

*1:120試合、打率.259、14本塁打、53打点