わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

岸は悪くない。ポランコが凄すぎるのだ...。



M5−0E

初回の美馬の立ち上がりを攻めきれなかったところでミソがついてしまった感じだ。やっぱりポランコだったね。イーグルスとの相性の良さはもう神がかっているとしか言いようがない。
仮に、ホークスとの競争に勝ってCS進出を決めたとしても、オリックスの前にロッテのポランコという大きな壁が立ちはだかりそうで今から気が滅入ってしまう。

やっぱり初回の攻撃だったなあ...

初回の美馬の立ち上がり。1アウト満塁のチャンスで大地が三振、フランコが大きなレフトフライで期待を持たせるも、風に押し返され凡退。ここで先制できなかったのが勝敗を分けたな。さすがにロッテはホーム球場を味方につけた守りだったw。残念...。

美馬が2回以降息を吹き返す

美馬は2回以降、ランナーは出すけどのらりくらりと粘りのピッチング。イーグルスの各打者の当たりも悪くはないんだけど、もうひと伸びがない。あれも風の影響だったのだろうか。
そうこうしているうちに美馬が息を吹き返し球数を要しながらも、4、5、6、7と中盤から終盤の入りまで三者凡退で切り抜けた。ゲーム後に美馬自身が「今シーズン一番のピッチング」とコメントしていたようだが、なにも古巣相手にそれをしなくても...という感じはあるw。

【鉄平語録】フォークはどう打つかではなく、どう見送るか。

美馬のフォークに浅村が空振りしたシーンだったか。鉄平さんがもうひとりのゲストからの質問に応えたときのもの。昨日は浅村がブレーキだった。最初こそ四球で歩くが、そのあと2三振。美馬に完全に抑えられた。

ロッテの投手陣はなぜあんなに強いボールを投げられるのか...

美馬が降板した8回表の攻撃、満塁のチャンスを作るが、けっきょく得点できず。ロッテのリリーフ陣に押し切られた印象だ。ロッテの投手陣はみなボールが強い。種市がそこらじゅうにいる感じ。

美馬と好対照だった岸

美馬が立ち上がりから序盤にかけてゲームメイクに苦しんでいたのに対し、岸の方は立ち上がりから「さすが」のピッチングを見せていた。4回まで三者凡退が続いた。立ち上がりから中盤までパーフェクトピッチングだったわけだ。ストレートの威力、変化球のキレ、制球ともに唸るばかり。
最近は炭谷がマスクをかぶると決まって先発が炎上する感じがあったが、相手が岸だと見違えるようだった。まさに阿吽の呼吸なんだろう、この2人は...と安心して見ていたのだが...。

やっぱりポランコでした。

ポランコの脅威

イーグルスにとって、やはりポランコが脅威だった。打席での雰囲気がとにかく「打ちそう」なんだよね。やられているイメージが強いからだろう。
まずは2回裏の先頭打者で回ってくる。あわやスタンドインという強烈なライトフライだったが、これは小郷がランニングキャッチで救われる。このときは岸の向かっていくピッチングに感激しながら見ていたのだった。
それにしてもポランコの打球を上げる能力は半端ない。打った瞬間、イッター...となってしまう。肝を冷やす打席が続く。

なんとかしのいでいたんだけど...

岸の好調のうちに先制点がほしいところだったが、ずるずると0行進。こんなときはたまたま出たランナーが一層嫌な感じになるから要警戒。5回裏がそうだったね。きわどいボールをとってもらえず四球でランナーを出すと、石川シンゴのボテボテサードゴロが内安打に。1アウト1、2塁のピンチになるが、それでも岸は慌てない。淡々と投げ込んで、安田をゲッツーで切り抜けたところまでは良かったのだが。

そしてポランコ

7回裏だった。先頭の中村を内安打で出すと、次がポランコ。ここでも岸の制球は乱れず、しっかり向かっていく姿に「さすが岸だ...」と感激していたのだが、やっぱりポランコは打っちゃうんだよなあ、2ラン...。
岸がクイック(モーション)からカーブというタイミングをはずしたはずのボールだったが、ポランコは一瞬間(ま)を置いてこれに合わせてのホームラン、ポランコ凄すぎ。

こうなると止まらない

で、つづく山口がアベックホームランって、こうなっちゃうともう手がつけられない。やっぱりキャッチャーは炭谷か...は悪いジンクスになりつつある。石川シンゴにもライト前へ運ばれ、岸はこの回ノックアウトだった。
マウンドを降りた岸はベンチに下がるやグローブを思いっきり叩きつけてベンチ裏へ消えていった。あんな岸を見たのは初めてかもしれないな。
岸からスイッチしたソンもロッテの猛攻は止められず、けっきょくこの回4失点、重い重い失点になってしまった。

そして8回裏。

勝ちパターンのピッチャーと負けパターンのピッチャの違いはあるが、相手のリリーフ陣に比べて、8回に登板した宮森はかなり見劣りした。ボールの強さうんぬんの前に、ストライクが入らないんではもう話にならない。抜け球が多すぎ。5点めを献上する。

さぁ、オセロ田中の今日の色はなんだ

イーグルスには相性がいいと思っているだろうなあ、...の種市がロッテの先発。こっちは、前回、正妻の安田と組んで久々の白星をあげた田中将大
攻撃陣としては種市をそろそろ攻略しておきたいし、田中としては意地でも負けたくない(負けられない)マウンドになるはず。
やはりポランコだね、最大の難関は。もうポランコの打席は全部申告敬遠でいいんじゃないかという気がするんだが、どうでしょう。