わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

世代交代を感じながら観戦しています。

E8−1E

これが先発のゲームメイクです

よく見ておきなさい、則本...

今シーズン初勝利を飾った先発の辛島が良かったですね。先頭を塁に出さないからピッチングのテンポがいい。結局、先頭を塁に出したのは5回表だけ、しかし、これもゲッツーで切り抜けました。

あと、7回の先頭・柳田のソロホームランというのがありました。この回は次のデスパイネにもヒットを許し、0アウト1塁としますが、そのあとの牧原、栗原の2人を打ち取り2アウト、今宮のところで渡辺へスイッチします。

今宮の打席に石井監督は何かを感じたのでしょうか。まだ5点差ありましたから、このイニングを辛島に任せる選択はあったと思いますが、あと一人というところでのスイッチでした。

いずれにしても、辛島のゲームメイクが快勝の土台となりました。どんな状況になっても自分のピッチングを淡々とやり抜く、これが辛島の良さであり、前日の則本との大きな違いですな。

余談になりますが...

辛島も国内FA権を行使せずに複数年契約を結んだクチでしたが、個人的に辛島の複数年はイーグルス一筋と好意的に受け止め支持しています。ここも則本の場合と大きく違いますw。

世代交代

村林、小深田の1、2番コンビが相変わらずいいです。それぞれ自分の仕事がしっかりできています。攻撃だけではありません。村林と小深田のコンビは守備でも随所でピッチャーを助けました。

この1、2番コンビに3番小郷、辰己、伊藤ユキヤといったところが加わり活躍しているのを見ていると、世代交代が着々と進んでいるのを感じますね。*1

最近のゲームでは、浅村、岡島、大地、島内といったところの影が薄くなっていますが、ゲーム内容は前よりもずっといいところが実に頼もしい。上位とのゲーム差を忘れさせてくれるナイスゲームが続いています。

藤平ではなく藤井です...

さて、今日は前回今シーズンの初勝利をあげた藤井が先発。「気持ちで負けないように開き直っていきました。」という自己評価だった前回登板ですが、「5四球も出してよく言うよ...」というのが正直な感想でした。

自己評価の高いところが藤平なんかと似たものを感じさせるピッチャーですが、今日は「藤平でありません、藤井です!」というところもしっかりアピールしておきたいね。石井監督も前回登板で納得しているはずがありませんから...。

*1:ほかにもパッと浮かぶところで、山﨑剛、渡辺佳明、黒川史陽、武藤敦貴、吉野創士といったところが控えているんだよなあ。太田はバッテリーということではずしていますが、彼もカウントすると全員20代のオーダーも可能ですし…。