わしろぐ

ちな鷲じいさんのブログ

すでにブームが来ているらしい、【シーラカンス モナカ】をようやく食べた。

あれは年末の休暇に入ってすぐの頃だったと思う。
仙台駅の東口へ抜ける通路の途中で何かを買い求める長蛇の行列が出来ていたのだ。

「へえ、なんだこの行列?...」と歩きながら見ていたら、
「有名なパティシエが作ったモナカみたいね...」とカミさんが教えてくれた。

そのときは、「ふぅ〜ん」と聞き流したのだった。
どうせ、パティシエが作った和菓子だから珍しいのだろう...くらいにしか思わなかったのだ。

それからしばらく経って、たまたま見ていたテレビのローカルニュースでこんな話題を紹介していた。

  • 新しい仙台名物
  • 新しい仙台土産が大人気
  • 仙台に留まらず全国的な人気になりそうな勢い

一つ一つのフレーズは正確ではないかもしれないが、
ニュースから伝わってきたニュアンスは、ま、だいたい合っているはずw。

そして映像には、その新仙台名物(仙台土産)がびっしり入った大きな手提げ袋を両手にさげた状態の客が、
「土産に買いましたぁ!、これから●●へ帰るとこです。」とインタビューに応えていたり、
続けて「ようやく買えましたぁ!、これを買いに●●から来ました。」と応えていたり。

何かのCMというわけではない。
普通にローカルニュースで取り上げられていた話題である。

で、その正体が、たまたま年末の仙台駅で見た行列が買い求めていたモナカだったのだ。

その名もシーラカンス モナカ」



丸森出身の人気パティシエである池田一紀(カズノリイケダ)が作ったモナカだった。

年末の行列からも、年明けに見たニュースからも、ものすごい人気らしいのは分かったが、俺はまったく知らなかった。
仙台発信で全国へその人気が広まりつつある...みたいな言われようだったが、発信元に住んでてまったく知らなかった。
市外から、県外から、わざわざこれを買いに来る人がいるというのに、市内に住んでいる俺はまったく知らなかった。
ががががぁーん....。

どこで売っているんだろう。
年末の駅の行列は、たまたま特売コーナーが設置されたものらしく、今は見当たらない。
ネットで検索したら、どうやら南町通の「メゾン・シーラカンスというお店で買えるらしいとわかった。
カズノリイケダの店舗は他にもあるが(もちろん仙台駅にもあるが)、売っているのはそこだけらしかった。

で、日曜日、長い行列に並ぶのを覚悟の上で南町通のお店へと向かった。

遠目に見えた建物の入り口へと続いているような行列...。
「あれか?」と近くまで行ってみたら、
目指すお店の一つ奥のラーメン屋の行列だったw。

肝心の「メゾン・シーラカンス」の店内はいたって静かだった。外に行列らしきものも出来ていない。
入店したら、私達の前の客は2組くらいで、正直、拍子抜けした。

前の2組も「シーラカンス モナカ」目当ての客のようだったが、10分もかからずに順番が巡ってきた。
前の客はみな化粧箱入りのやつを何個か買っていたが、私とカミさんは自宅用なので、

「バラで4つください。」

...と言ったら、小さな茶色の紙袋に4個入れてくれた。



これが噂どおりの一品なら、次は土産用に化粧箱入りを買ってみよう。
今日のところはただのミーハーな客でいい。
噂のモナカをとりあえず食べてみたいというだけの客w。

外見はこんな感じ。

これが近影

カロリー高そうなのでカミさんと半分ずつ

以下、食レポ
モナカの中はいわゆる「あんバター」。
バターのせいか、食感が和菓子っぽくない。いい意味で洋菓子っぽい。

味は塩気が強い。思い切った強さだ。
ただ、この塩気の強さが逆に後を引く「病みつきの旨さ」になっているw。

くうぅ....、食レポが下手くそで申し訳ない気分でいっぱいになる。
それくらいインパクトある旨さなんだが、うまく表現できない。それが悔しい。

一個丸ごと食いたいところをグッと我慢して次も半分ずつ食べることにする。
...と言ったら、この旨さが伝わるだろうかw。

賞味期限は2月1日だったから、けっこう日持ちもいいね。
なるほど、人気の仙台土産になりそうな予感がする。