わしろぐ

ちな鷲じいさんのブログ

監督業に専念するということ。

プロ野球楽天イーグルスの石井監督は、
GM業と監督業の二足のわらじで有名なんだが、
どうやら、来シーズンは監督業一本に専念する方針のようだ。

「今さらかよ...」という声もあったようである。
しかし、わたし的には朗報という受け止めなんだなあ。

思うに、
「今さらかよ...」という反応は、
「(やはり)監督業は片手間にできることじゃなかった...」
...と、今ごろ分かったのか、
それが監督業専念の理由か、...ふん!
みたいなところから来ているのだろうw。

でもね、そんな理由じゃないと思う。...というか、それだけじゃないと思う。

なら、どんな理由があって、今なんだ?....となるのだが、

それはたぶん、

GMとしてやりたかった編成での下準備にようやく一区切りがついた、
そういうことなんだろう。

たしか、今年のドラフトについて「最高」の出来だったと評価していた。
石井さんがGMとして編成(補強)してきた中での完成形が今年のドラフトだった。
それが「最高」の形だったというのだから、
もはや、自分がGMとしてやるべきことは一区切りついた、
そういうことなんだろうと思うのだ。

ようするに、
外堀は埋まった(もしくは「埋めた」)、
あとは、いよいよ内側へ攻め入ろう、
そこに専念すべし、
そういうことだね。

来シーズンこそが「石井イーグルス」としての総決算、
これまで石井さんがGMとして編成してきた戦力を、
いよいよ来シーズンは「使う」ことだけに専念したい。そういうことなんだ。

具体的には、ドラゴンズからの阿部の加入や、
助っ人マイケルの獲得なんかは
一つのキッカケになったと思う。

その前には、
マー君や浅村や辛島の留任なども
予定どおりだったし...。

石井さんがGMになってからは、いろいろあった。
球団の象徴的選手がチームを去り、
監督までやったOBが慰留を蹴って出ていった。
(ま、ここらへんの受け止めは千差万別だろう。)

それでも、常勝イーグルスを作ることが自分のミッションだと、
ブレることなく突き進んだのが石井さんだ。

一人二役はなかなか大変だったと思うが、
ようやく片方の役割に目処が付き、
いち監督となって、指揮を執る。

それが来シーズン。

しっかり見守らないとね。