わしろぐ

ちな鷲じいさんの身辺雑記

【黒石つゆ焼きそば】を食べた。ハッキリ言って美味い、私は好きだ。

青森県は黒石にようやく行けた。主目的は五所川原「立佞武多の館」だったが、そっちの話は別の機会に回すとして、今回は、そのついでに足を伸ばした黒石での話を書く。

青森県は仕事や観光で何度か来ているが、黒石は初めてだった。わざわざ足を伸ばしたのには理由があった。ぜひ食べてみたいB級グルメがあったのだ。

それは、黒石つゆ焼きそば

焼きそばに和風だしをかけていただく、黒石のご当地B級グルメである。前から知ってて、ソース焼きそば好きの私としては、これが気になってしょうがなかった。何度かチャンスはあったが、結局これまで行けずじまい。今回ようやく念願がかなったのだった。

ここのお店に行きたいというのは特になかった。ただただ「黒石つゆ焼きそば」そのものが食べたい、それだけ。ネットで調べて、まずは名店と言われていた「蔵よし」さんに行くことにした。

で、出てきたのがこれだ。

アップにすると…。

もっとギトギトしたイメージがあったが、意外と上品で和風。「最初は、かき混ぜずにお出汁を味わってみてください。」「それからソースの味が滲み出てきたときの味の変化をお楽しみください」みたいなことをお店の人に言われた。

不思議な味、という表現をされることが多いらしいが、私的には普通に美味かった。初体験の麺の味ではあったが、不思議な味とも違う。これは十分にアリだ。好きだ、と思った。

平麺は黒石焼きそばの定番らしいが、太丸面の焼きそばの麺と違って和風感が出ている。思ったより柔らかい麺で、これはこれで何か懐かしい印象もある。そういう面の不思議さはあった。

具は舞茸と小海老の天ぷらだ。これがまたこのスープと麺によく合う。長い期間をかけてたどり着いた組み合わせなんだろう。旨い。

いずれにしても好きな味である、黒石つゆ焼きそば、市内にこれを出すお店が結構あるらしいが、食べ比べてみたい、そう思わせる一品だった。ま、次はいつ来る機会があるか分からないが、それまでにはもう少し情報収集しておこうと思う。

以前、新青森駅につゆ焼きそばを食べさすお店があった(いつの間にか閉店してしまった。)。今回一緒に食べたカミさんは、この駅のつゆ焼きそばを食べたことがあったらしい。

そのカミさんいわく。今回黒石で食べたつゆ焼きそばは「ぜんぜん別物」(今回の方が格段に美味かったという意味)...ということである。大きなお世話ではあるが、新青森駅で食べた「つゆ焼きそば」で食べた気になっているのは勿体ないと思うので念の為w。