わしろぐ

ちな鷲じいさんの身辺雑記

石井、3年目やるってよ...

kahoku.news

ロッテの井口監督が退任を表明したという報道があったので、もしかするともしかするぞ...と石井監督の動向に注目していたが、どうやら続投は決定のようだ。3年目突入である。

石井監督の監督としての才能については、私の中で未知の部分の方が多い。「この監督じゃダメだろう...」という諦めの気持ちにはなっていない。今シーズンも、最後まで「何かが起きるんじゃないか...」という期待を持って応援させてもらった。その点、前任の三木さんが監督していたときよりも評価は上だw。

石井監督には周りに流されずにやり抜く強さのようなものを感じる。今回の監督続投についても、世間一般では相当のバッシングがあったはずだが、見る限り、そいう周りからの風当たりに折れずに続投を決めた。これはすごいことだと思った。

責任をとって退任するという道はあったと思う。「3位は(僕にとって)Bクラス」騒動があった中で、監督就任しての2年間はそのBクラスを抜け出せていない。ましてや今シーズンは4位、しかもホーム最終戦では相手チームの胴上げまでファンに見せてしまった。

並の心臓の監督だったら、なかなか続投をこの早い時期に決断することはできないのではないか...。これは決して「褒め殺し」でもなんでもない。率直に、そして改めて石井監督は「強い人」だと感心した。

ただ、一方で石井監督を2年間支えた真喜志ヘッドとは契約を更新しないらしい。球団の方針なのか、石井GMの判断なのか。石井監督の意思がどこまで反映されている決定なのかは分からないが、参謀役を代えて3年目へ突入することを決めたことになる。

正直、これは意外な展開であった。新しいヘッドには誰を迎えるのか。もしかすると、三木2軍監督だろうか。三木さんの大将としての資質には疑問はあるが、野球理論は石井監督も認めるところだし、参謀役としてならその才能を十分に発揮しそうではある。ここの人選にはちょっと興味がある。

選手ではサブちゃん、福井投手、今シーズン加入したばかりの川島選手といったところの戦力外が発表された。楽天ファンにとっては早くもストーブリーグの話題に入っていくことになる。正直、ちょっと淋しい。

プロ野球観戦日誌として書いてきたこのブログもオフに入る。ナイターがなくなる分、書く時間だけはたっぷりあるというところが悩ましい...。とは言え、しばらくはプロ野球の話題から気になったことを書いていくつもり。プロ野球の話題は意外と事欠かないところがあるから、それほど心配はしていないw。