わしlog

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

1軍登場が待ち遠しい

週末のゲームはコロナ・ルールにより中止でしたが、今日からのライオンズ戦はやるようです。まずはそれを喜びたい。さすがに3日もゲームがないと書くこともなくなりますが、2軍のゲームはやっていたようでしたので、日曜のテキスト速報から感想などを書いておきます。(土曜の速報は省略しますが、ソンの名前を見つけてホッとしていますw。)

高田孝一

土曜日に先発予定だった高田孝一はローテ6枠の本試験をなかなか受けさせてもらえません。ただ、翌日の日曜日、2軍のDeNAとのゲームに先発していましたね。5回73球1安打2四球無失点、2軍相手に調整登板という身分ではありませんので、当人は、おそらく1軍登板のつもりで全力投球しての結果でしょう。けっこう微妙な数字になっています。特に2四球が気になりました。
次の1軍登板こそは3度めの正直、予定どおりにゲーム消化できれば、日ハムかオリのどちらかになると思いますが、自分の今のボールがストライクゾーンで勝負できるか、そこは逃げずに試してほしいですね。石井監督もそこを見ているはずですw。

辛島航

2番手に辛島が投げていました。昨シーズンは左肘のクリーニング手術の影響で1軍登板が一度もありませんでしたが、ここで3イニング投げていたようですから、そろそろ1軍のマウンドも射程に入ってきたんじゃないかと思います。3イニング50球は、いろいろ試している段階と見たいところ。貴重な左だし、タフなメンタルと豊富な経験値はこのまま眠らせておくには惜しい戦力です。早いタイミングで完全復活のピッチングを見せてほしい選手のひとりです。

ギッテンス、横尾

野手では助っ人ギッテンスが楽しみなアピールをしていますね。横尾も数字的には悪くない。和田恋との入れ替えのタイミングですが、けっこう悩ましいところだとは思います。ギッテンスは別格として、横尾はしばらくこの数字をキープしておく必要がありますね。