ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

楽天イーグルス戦を中心にプロ野球観戦日誌を書いています。ゲームがないときは身辺雑記も書くよ。

好相性なんてこんなもんです。

  • D3−2E

終わってみれば、1点差。失点は1回から3回まで各1失点ずつだったから、先発の岸にはがんばって2回くらいで止めてほしかったね。岸を2回で見切るわけにもいかず、そうなると、やっぱり味方打線がもう1点くらいとってもう少しもつれたかった...。

これでこのカードは負け越し。初戦の田中といい、第3戦の岸といい、対ドラゴンズ戦は好相性の2人*1だったはずですが、蓋を開けてみたらこれですよ。勝ったのは、つい先日一軍に昇格し、これが2試合めの辛島だけ。野球はこれだからおもしろい(いや、こわい)です。

それにしても、楽天は打てませんね。昨日もヒット5本でしょ...。得点シーンの7回表も2本のヒットと四球で0アウト満塁から一本もヒットなし、それでよく2点もとったよ...。逆におどろく。

しかし、昨日の敗戦はやはり先発・岸の誤算が原因ですね。4回87球7被安打3失点は、今シーズン最悪でしょ、たぶん。そろそろ疲れが出てきてもおかしくない頃かな。年齢的には涌井よりも上のはずだから、できればローテを一回空けて充電させたいところ。でも、そんな余裕ないしね。
涌井の穴を辛島が埋めたところまでは良かったけど、高田孝一とか藤井聖とかの若手がもう少しアピールしてくれれば...と思わないこともない。今では貴重な左のリリーフになっている鈴木ソラだけど、いずれは...と、これまた思わないこともないw。

そんな中、パ・リーグの他チームがオリを除いて全敗だったのは救いでしたね。赤信号、みんなで渡ればなんとか...ではないですが、とりあえずゲーム差にはそれほど影響ありません。

問題は今日からのベイスターズ戦、瀧中、早川といった若年寄りの裏ローテなので盛り返せるかどうか…。厳しいゲームは続きそうです。紅(くれない)のゴジラあたりが昇格してきて暴れてくれれば雰囲気も変わりそうですが、そういう情報はありませんし...。もはやオコエでもないですしね。

*1:田中のドラゴンズ戦は過去7試合に登板し4勝0敗・防御率1.43だったし、昨日の岸も通算13試合に登板し9勝1敗・防御率1.48だったらしい。