ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

楽天イーグルス戦を中心にプロ野球観戦日誌を書いています。ゲームがないときは身辺雑記も書くよ。

相手の助っ人が2人で2発2得点と来れば、うちの助っ人は1人で1発4得点で対抗しますw。

  • M2−7E

今季の岸といえば、一発2失点というパターンがお馴染みでしたが、昨日のゲームでは二発2失点と、2失点はどうしても譲れないようです。6回101球2失点という内容でした。それでも降板した次の7回表に相手ピッチャーの連続四球を口火に味方が6得点のビッグイニングにしたものだから、降板したときはビハインドゲームでしたが、終わってみれば余裕の4勝目という結果でした。

岸のときは何故か西川よく打ちます。昨日のゲームでも1点差に詰め寄る口火の一発を打ちました。で、ビッグイニングになった7回には押し出しで同点、さらに1点勝ち越しとすると、5番のマルモが満塁ホームランでこの回一挙6得点。
一昨日はマーティンのサヨナラホームラン、昨日はマーティン、レアードのアベックホームランで2点先制されるというロッテの助っ人のお披露目会のような展開が続いていましたが、我らがマルモは一発で4人分の打点を叩き出しましたw。マルモ、いいぞぉ。

西川は目覚めの兆候らしき一発がありましたが、心配なのは浅村ですね。アウトコース(へのスライダー)がぜんぜん見えていない、そんな空振りが目に付きます。昨日も空振三振が3つもありました、しかもぜんぜんカスリもしない、かなりの重症です...。
こうなると、4番島内、5番マルモでなんとかフォローしたい。西川が戻ってきたとして、つなぎ役の2番に小深田が戻ってくれば、ここで作ったチャンスは4番と5番でポイントにしていく流れでしょう。問題は3番浅村がゲッツーメーカーにならないかということ。ここは祈るのみです。

7回終わって5点リードとしますが、楽天は岸から安楽、ソンとリレーします。さすがに最後の松井裕樹は休ませ、前日、サヨナラホームランを献上した酒居をマウンドへ送りました。ここらへんは石井監督の采配でしょう。嫌なイメージを引きずったままカードを終わらせない、そういうことだったと思います。カードは負け越しでしたが、第3戦の快勝で気分良く仙台へ戻ってきます。