わしlog

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

石井監督からの厳しい注文は、王 彦程投手への誕生日(2月14日)プレゼントだと思いたいw...

pacificleague.com

厳しいですね、石井監督。阪神との練習試合で登板した小峯投手のときとはまったく違う反応でしたね。

石井監督のコメントです。

「小気味のいい投球だったし、成長しているのは間違いないけれど、もうちょっと特長を出してほしい。今日は何が良かったのかと言えば、ストレートと変化球のコンビネーションとコントロールという話になるのだろうが、今の時期に大切なのはそこではない」

小峯投手は特徴であるスピードボールでどんどん押していきました。王の見せたストレートと変化球のコンビネーションの良さとコントロールの良さは監督が言う彼の「特徴」だと思うんだけど、「今の時期に大切なのはそこではない」とピシャリ。「じゃあ、どこなの?」と、売り言葉に買い言葉で返したくなりましたw。

しかし、あれだけのピッチングをしてもあえて注文をつけるあたり、石井監督が王投手に求めているレベルはもっともっと高いところにあるということでしょう。もしくは「彼の特徴」はそこらへんにいる並のピッチャーのそれではない、とも取れますね。

王投手には「それが何か」分かっているのでしょうか...。「テーマを持って...」、この時期だからこそ、失敗してもいいから試しておく必要のあるテーマ(特徴)があるはず、そういうことかもしれません。次の登板での王の変化に注目してみようと思います。