わしログ

ちな鷲の爺さんが書いている雑記ブログです。

「台湾まぜそば」をテイクアウトで...


明日からプロ野球の練習試合が始まります。いよいよ球夏到来ですね。ブログの方も徐々に野球モードに変えていこうかと思っています。

なので、今回はしばらく離れそうな「食べ歩き」カテゴの記事を投稿しておきます。節目の一品にふさわしい超刺激麺です。

超刺激麺といえば、私の中では「台湾まぜそば」。台湾まぜそばといえば、「麺屋しずく」。金曜の夜にテイクアウトしたので、そのときの報告です。

「麺屋しずく」といえば、学生に大人気の行列店ですが、このときの店内は客が一人で3密回避は確保された環境でした。食べていく気になればお店でも食べられたわけですが、テイクアウトがどんなものか興味もあったので、今回はテイクアウトにしました。

値段は変わらないです。食券買って渡したら、逆に容器代30円を別に取られてしまいました。「容器代サービス」などという中途半端なことをせずに「味で勝負ですから」みたいな姿勢が見えて潔いですね。

あと、通常は混ぜる前の麺の上には生卵がのるところ、煮玉子がのっていましたね。衛生上の配慮だと思いますが、品物を渡されるときに、店員の方が「自宅で食べるときは煮玉子を生卵に代えていただくとおいしくなると思います。」と教えてくれました。

f:id:uesugi_rintaro:20200529174834j:plain
ラップでしっかり包装されています。
f:id:uesugi_rintaro:20200529174937j:plain
ラップをはずすとこんな感じ。中央にあるのが煮玉子
f:id:uesugi_rintaro:20200529175008j:plain
煮玉子を生卵に代えました。黄身だけを溶いて移しました。そのまま載せたほうが見た目は良かったかもw。
f:id:uesugi_rintaro:20200529175140j:plain
混ぜてこんな感じ。食欲をそそる絵になってますな(自画自賛w)。肉ミソが下の方に残っていたのが食べていくうちに分かりました。もう少し底の方から丹念に混ぜるべきでした...。

いやあ、久しぶりに食べましたが、相変わらず刺激的な味です。味はお店でいただくのと遜色ないと思いますが、麺のしっとり感はお店で食べたときの方があるかなあ...。麺を少しだけ固めに茹でているのかもしれない、とか思ったり。もちろん、煮玉子は自宅の冷蔵庫にあった生卵に代えました。

精力付くなあ...。ニンニクとニラとネギの辛味が効いています。休日の前の夜だったので思い切ってこれにしましたが、やはり口臭は気になるかもw。それくらい強烈ですw。でも、うまいです。

丹念に混ぜる、これが大事でした。次回はもっと混ぜねば...。混ぜそばですから。あと、夏バテ防止には効きそうですが、新コロ感染防止にはどんなもんでしょう?。ウィルスも寄せ付けないパワーは感じますが(ぜんぜん根拠なしですが。)。みなさんもぜひ...。