わしログ

わし(楽天イーグルス)ファンのプロ野球観戦雑記です。

ヒーローは石橋良太と堀内謙伍の2人でした。

オリックスに勝ち越し。これで3カード連続の勝ち越しらしい。石橋はこれが4度目の先発マウンドだったが、先発としては初勝利、リリーフでの勝利も含めると3勝めとなった。

前日にもこの継投をやっていれば岸に初勝利がついただろうと思う。エースということで「勝つこと」以外のところにもいろいろ気遣いしようとするから勝てるゲームも落としてしまう。「人を使う」というのはどこの世界も一緒でなかなか単純にはいかない。
www.washilog.com

私の中で目立っていた選手とプレーについて書いておく。

石橋良太のピッチングの感想

2回にあっさりホームランで先制された。解説の山崎さんによるとロケットスライダーということだったが、その後、いつの間にか「ストレートだった」ということで解説は進んでいたから、後者(ストレート)が正解だったのだろう。

ちなみにロケットスライダーとは、スライダー回転はするが変化が少ない棒球のことらしい。まさに打ちごろだった。前回登板のときはこの打ちごろの高さのボールが結構多かったから心配しながら観戦していたが、今回は低めにもボールが集まっていたのと、球威が勝っていたせいでなんとかやりくりしていた。

特に味方が逆転したすぐ裏のイニングをしっかり抑えたときは石橋の成長を感じた。4回のピッチングも先頭の大城にヒットで出塁され、次の吉田も歩かせて0アウト1、2塁としたが、そのままズルズルと行かなかったのは彼の強さだと思う。後続をしっかり打ち取ったピッチングは良かった。

マレーロの打席でストライク(見逃し三振)を確信した石橋がマウンドを降りかけたという場面があった。結果的に審判の手はあがらなかったわけだが、このあとのピッチングから気持ちをどう切り替えていくが課題だと思った。若いバッテリーにとって、あそこで集中力を切らさずにピッチングを続けることができるかどうか...。
少し危うい展開になりかけたが、運良くセカンドゴロに打ち取った。あそこで何事も無かったかのように切り替えてバッターを料理できるようになれば本物だ。

低めに決まるときのストレートの伸びが良かった。岸のストレートを彷彿させる軌道、...はちょっと褒め過ぎかw。勝投手のかかった5回も3人で切り抜けた。ここでバタバタしない強いハートと、おじぎをしない低めへの伸びのあるストレートは石橋の魅力だろう。

5回79球で降板させた。5回のピッチングを見たときは6回までは行くかと思ったが、今度は早めのスイッチだった。ベンチのこの変化は評価したいw。
www.washilog.com

その他のピッチャー

森原康平

石橋の後を受けたのは森原。この人も意外と慎重に投げるタイプ。もっと大胆に投げても打ち取れるだけの球威は十分にあるピッチャーだが、こればかりはその選手の性格もあるので何とも言えない。今回は2、3、4番という上位打線をキッチリ3人で切り抜けた。

青山浩二

森原の次は青山だった。
抑えがきかずに高めにいくボールが多かった。1イニングで2個の四球はやはり疲れだろう。連投というだけでなく、青山の場合はやはり年齢からくる疲労だ。36歳に30度を超える中での登板はかなりきつい。結果は無失点、今江と浅村のファインプレーに助けられた(今江はその前のエラーを消した格好でしたけどw)。

松井裕樹

三者三振でゲームセットはさすが。
堀内のサインに首をなかなか縦に振らないシーンがあった。「それじゃないだろう...」という顔をしてプレートを外す松井。嶋はもちろん、ほかのキャッチャーのときにもほとんど見せない仕草だ。

松井24歳、堀内22歳。2歳の違いは大きいねw

もう一人のヒーロー堀内謙伍

堀内が初打席初安打のときもそうだったけど、今回もいきなり2アウト満塁の場面で打席が回ってきて、ここでも2点タイムリーを放った。今回も初球を振っていった。思いっきりの良さはこの選手の持ち味になりつつあるね。

6回の攻撃ではバントも決めてみせた。決して器用なタイプだとは思わないが、「(野球では)緊張しない」という図太さが助けたバント成功だったのではないか。この勝負強さは彼の一番の魅力かもしれない。
www.washilog.com

さすがの今江年晶

7回表の守り。今江のエラーで0アウト1、2塁の場面。しかし、このすぐあとにこれを帳消しにする今江のファインプレーでゲッツー、結果、事なき終えた。ピッチングの「切り替え」について先に書いたが、今江のここらへんの「切り替え」がさすがに一流と言わざるを得ない。

今江はこのあとのイニング(攻撃)でトップバッターだったが、ここでホームランを打っちゃう。エラー→ファインプレー→ホームラン=本物、凄いです。ロッテにいたころの相手にとって嫌らしい今江が戻ってきた感じ。

さいごに

さいごに「心配の種」ということでブラッシュの守備をあげておきたい。フライを前に追うのは良いのだが、後ろに追って捕球するのは苦手なようだ。オコエなら捕ってたな(アウトだったな)という当たりが2ベースになっていた。バッティングも絶好球を見逃して難しいボールを打たされている印象がある。ま、心配なのはとりあえず守備だ。

来週は盛岡と弘前でのホームゲーム。天気は良さそうだ。