わしlog

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

瀧中はここにきてようやく「らしく」なってきました。和田恋は覚醒したクサイですよ...。

  • E6−0B(オープン戦)
ピッチャー

昨日も楽天TVでライブ観戦。先発は、ここ2試合ピリッとしないながらも石井監督からの信頼は揺るがないローテ3番手候補の瀧中でした。ここはなんとしても仕上がり上々をアピールしておきたい登板でした。

ま、炭谷のリードに助けられながらではありましたが、どうにか無失点で5イニングを投げ切りました。球速表示は130キロ台が中心でしたから、この人の場合はやはり緩急と制球力が生命線です。その制球力も、ランナーがいなときは、ストライク先行の瀧中ペースのピッチングなんですが、ランナーを出すと微妙に制球が狂う感じでした。「ストライク先行」のピッチングから「ボール先行」のピッチングへ一変してしまう。クイック(モーション)を課題にあげていた瀧中でしたが、ちょっと気にしすぎではないかというくらいの変わりようでしたね。四球のあとの安打であったり、連打されたりと2アウトからランナー1、2塁というシーンが何回かありました。3人で終えたのが1イニングだけというのは少し気になりますが、ゲームメイクの上手さは相変わらずです。心配ないでしょう...w。
www.washilog.com

バッター

バッターでは和田恋ですね。昨日もいいところで打点をあげる勝負強さを見せました。しかも3安打と複数安打で好調さもアピール。どうも覚醒したクサイですねw。

もうひとりの大砲候補であるルーキー安田も迷いのないフルスイングが続いています。ヒットも出ていますし、アピールは続いていると言っていいんじゃないでしょうか。

あとは黒川ですか。彼もアピールが続いています。茂木からサードの座を奪おうかという必死さが伺えますが、その茂木も手術明けの体調は悪くないようで、2安打と元気なところを見せてくれましたね。この2人の競争も見ものですが、これに渡辺佳明も加わってきます。渡辺佳明の成長も著しいです。サードのポジション争いも結構熾烈なことになっていますねw。

村林がスタメンでした。この人が山崎や小深田とのレギュラー争いを勝ち抜いていくには、バッティングでのアピールがもう少しほしいかな...と思っていたら2本ヒットが出ましたね。これに加えてバントの成功率を上げるとか、盗塁の成功率を上げるとか、小技での安定感が出てくれば勝負になりそうな予感はあります。全体的なレベルが昨シーズンよりも上がっているのは間違いありません。村林は石井監督の信頼が不思議と落ちない選手のひとりですが、石井監督には彼の可能性が見えているのかもしれません。

堀内が途中出場で1本ヒットを打ちました。「静岡のイチロー」と自己紹介するマイクパフォーマンスがあったようですが、しっかり地元アピールに成功しましたね。このあたりの勝負強さはこの人の魅力のひとつです。マスクをかぶるチャンスはもちろんありますが、それとは別にバッターとしての出番もありそうな予感がしますw。

最後に

今日はゲームがなくて、明日からオリックス戦です。この先は楽天TVでの放映予定がないようです。しばらくはテキスト観戦になりますので、気になった選手に絞って短めに書きたいと思いますw。