わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

負けなかったのは前進でしょ。キーマンがそれぞれ結果出していたし...(ヤクルトとの練習試合)。

マイルール

 ネット上では「またも勝てなかった...」と残念がる声が多かったようだが、負けなかったし、何より注目の3ピッチャーがそれぞれいい仕事をしたようだから良しとしたい。
 攻撃では安打数は上回ったけど勝ちきれなかったようだ。ゲッツーでチャンスをつぶすシーンがいくつかあったのかな。相変わらずの得点力不足、タイムリー不足を嘆くファンの声もあった。
 たしかにまだ1勝もしていないストレスはあるけれど、しょせんは練習試合。やってもらわないと困る中堅選手が明らかに調整不足であるとか、毎シーズンそれなりの期待をされながら情けないほど進歩していない3年以上の選手たちのプレーとか、今の時期はこれらさえ見なくて済んだら良しとする、これマイルールw。練習試合の結果に一喜一憂してたら楽天ファンなんか開幕前に寝込んでしまうよw。シニア世代にとってはまさに死活問題。今は使えそうなやつと時間がかかりそうなやつの選別の時期と割り切ろう。


注目の3投手

 昨日のヤクルト戦での注目選手は新助っ人のポンセ、先発転向の内、クローザー転向の則本の3人だったが、まずまず順調な仕上がり具合と言っていいんじゃないか。ポンセと則本はこれくらいやって当然の選手だが、内も4イニングを1失点だからまあ合格点だろう。
 例によって一球速報からの情報しかないが、内の球速が今ひとつ上がっていないのが気になるところではある。が、内はその時その時の自分の課題を明確に持っている(楽天の若い投手の中では珍しい)タイプの選手。一つ一つその課題をつぶしながら調整しているはずだからそこまで心配しなくていいだろう。前回登板のときはフォームがやや小さくなっていたが今回はどうだったろう。砲丸投げ投法は成果が見えてきただろうか。
 リリーフ陣ではほかに櫻井と吉川もスコア的に悪くなかった。あとはどこまで安定してこの結果を出し続けられるか。ここからここから...。

苦しんでる?

 バッターではフランコがどうかな、3の0だったけど...。あと渡辺佳明もやや苦労しているように見える。ま、打者はこれからあがってくるというのが普通だから、残り1ヶ月ちょっと、辛抱強く見守りたいね。
 とは言いつつも、辛抱にも〈限度のある〉のがフランコだ。なんといっても唯一の助っ人バッター、しかも2年めである。1年目のようななんの助けにもならない助っ人では困るw。しっかり存在感を見せたいね。