わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

球団社長のこと




 これといった話題がないので、新しい球団社長について思ったことをちょっとだけ書いておく。
 わたしの中で楽天球団社長というと立花さんのイメージが強いが、今度の森井さんも悪くないね。ま、見直したのが安楽問題での対応だったというのが皮肉なところだが、球団のイメージを大きく壊さずに尻拭いしてくれたと思う。あの対応ぶりはよかった。社長交代の一番の要因は観客動員数の減少だった。そこの改善の前にとんでもない案件が舞い込んだ形だったが、それをそつなくこなしたのだから相当のやり手に違いない。
 前までは石井監督の印象が強すぎて、球団社長はお飾りのイメージだった。石井さんが実質的に中枢から抜けて、現場は今江監督、バックに森井さんという体制で新しいシーズンがスタートするわけだが、今江さんにとっては心強い存在なのではないか。よくわからないが、そんな雰囲気を感じさせる森井社長である。
 楽天というと、どうしても三木谷の現場介入という悪いイメージがあるけど、そこもなんとか変えてほしいね。三木谷といえば、楽天本体の経営状況の悪さが取り沙汰されることが多くなっている。そのことで補強費が削られるのは痛いが、本業が手一杯になり、下手な横槍が入らなくなるという面ではいいかもしれないw。野球のことは球団に任せて金は出すが口は出さずが理想。そういう中での森井さんのドッシリとした存在は頼もしい。マー君との契約更改という大仕事が残っているが、うまく着地させて欲しい。森井さんのやり手ぶりを再認識する結末であることを祈る。