わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

大谷はドジャースへ、この話題には人並みに触れておくw。



わたしの野球ファンレベル

 楽天イーグルスファンだからパ・リーグには興味があるが、セ・リーグはそこまで詳しくはない...というのが今のわたしのレベル感である。なので、先日行われた「現役ドラフト」でDeNAから移籍してくる櫻井周斗がどんな選手なのかほとんど、いや、まったくわからなかった。
 ましてや、メジャーについてなんて、田中将大がいたからヤンキースがニューヨークの球団なのは知っているが、同じリーグにどんなチームがあるかとかはまったくわからない。というか、興味がない。
 
 もちろん、メジャーで活躍している日本選手のことはわかる。もともとプロ野球で活躍してから海を渡るわけだから、その後の活躍は普通に追いかけるし、こっちでも普通に話題になるから。その流れで、来シーズンからメジャーへ挑戦しようとしている選手はだれであるとか、そっちの方の興味は人並みにあるよね。イーグルスから松井裕樹が今度海を渡るけど、しばらくは目が離せないと思っている。

不可能を可能にする 大谷翔平120の思考

大谷の移籍先

 そんな「普通のプロ野球ファン」のわたしだが、さすがに大谷の移籍先と契約内容については人並みに興味があって、今回のドジャースへの移籍、10年で1014億円の契約には普通に驚いている。大谷の評価の高さにあらためて驚いたというのもあるが、ひとつの球団が一人の選手に1014億もの報酬を出すというそのスケールの大きさ、日本との違いにビックリした。

 年平均にしても100億を超えるわけでしょ、で、ツイッターから名称の変わったポストっていうの?、下のポストと同じようなことをやっぱり考えてしまったわけだなw。
 日本プロ野球界の金満球団で、金に物を言わせてエゲツナイ補強をしてくるイメージのソフトバンク、読売Gの全選手の年俸総額を合計しても、大谷一人の年俸に及ばないのである。石井GMの補強がきっかけで年俸総額だけは上がった楽天を加えてようやくトントンというから驚きだ。


ついでに

 大谷の端数分だけでいいから、楽天の補強費に使わせてもらえないだろうか。かなり強力な助っ人を連れてこれそうな気がするんだけどw。

 あと、ドジャースでは背番号17をつけるらしいんだが、この番号が前・楽天監督の石井さんがドジャース時代につけていた番号だと話題になっていたのが興味深かった。石井さんもすごい投手だったということだよね。メジャーでの背番号の重みはよく分からないけど...。