わしろぐ

in Sendai / ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

台無しだよ…。



M5−3E

「不思議の負けなし」というけれど...

「負けに不思議の負けなし」というけれど、昨日の負けはわけわからん。なんで、あそこで3ラン打たれなきゃならないのか。あの場面、則本に代わってロッテのバッティングピッチャーをマウンドに立たせて「はい、打ってください」と投げたとしても、3ランなんてそうそう出るものではないのだ。
それがよりによって、この一番大事なカード初戦で、しかも2点リードで迎えた7回裏で、それもエースと呼ばれるピッチャーが投げていて…打たれた。もう、ミラクルもミラクル、やっちまったーという展開。田中が前回登板を振り返って「台無しにしてしまった。」とコメントしていたが、昨日の荻野への一投こそがまさに「台無し」にする投球だった。

苦しいが、振り返る。

2点リードで迎えた7回裏。ベテランピッチャーの交代のタイミングがここ数試合のキーポイントであったが、岸、田中ときて、やはり則本も怪しい展開に…。サードのエラーが絡んで、0アウト1、2塁となった。いまさらだけど、なんで直前のゲームまでファースト守らせていたマスターをわざわざサードにするかな、とか思いつつ。しかし、ここから2アウト1、3塁にまでもっていく。よくぞここまで立て直した(持ち直した)という展開だったが、ここでバッターは荻野。
則本の天敵であり、初回に長打を打たれていた。このゲームで一番警戒すべきバッターだったが、ベンチとピッチャーは「勝負」を選ぶ。選んだ割には、初球からスーッと甘い変化球でストライクゾーン。ほらね...、いや違う、まままままさか...の3ランだった。

甘すぎる

うちの人たち、ことごとく甘いよね。いや、ボールもだけど、考え自体が。ピッチャーは「自分だけは大丈夫」とか思っちゃうのかね。岸が周東に満塁弾、田中はギータと近藤の3巡めに攻略され、最後はノリが荻野に逆転3ランだ。もっとも学習能力低いのがノリということになる。
そしてベンチは「今回は大丈夫だろう」とか思っちゃうんだろうな...。まさか、ノリだって学習しているだろうとか思っていたとしたら、本当に甘ちゃんである。
もう、ぜんぜん過去の失敗が生きていないところが悲しすぎる。ココに来てまだこんなゲームをしているようでは、もう「終わったかも...」と思う。

あまりにショックが大きくて、このあとの更新はしばらく休むかもしれない。今すぐには立ち直れそうにないわ。
最後の力を振り絞ってとりあえずこの記事だけは更新しておく。今シーズン一番かもしれないきつい敗戦なので…。