わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

できたやん

「できたやん」は、日ハムとのゲームが2日連続で雨天中止になったときの新庄監督のつぶやきともぼやきともとれるコメントである。まるでイーグルスがやれるのに中止にして逃げたかのような言い草にもとれる。「やりたかった」ならまだよかった。まったく失敬なやつだ。

イーグルスだってやりたいのはやまやまだった。一気にホークスに追いつき、追い越したかった。そもそも最下位の監督に言われたくない。おそらく、直前までイーグルス戦4連勝だったことが言わせているのだろう。

しかし、大雨による各種の警報が出ていたのは事実で、マンホールから水が溢れ出てたり、市内中心部は冠水被害がひどかったし、土砂崩れの心配から高齢者の避難誘導があったり、電車の運行にも影響が出ていた。仙台市内には野球どころではない状況がたしかにあった。できたかどうかではない、やっていい状況だったかどうかなのだな。災害に対する人々の不安や感情を甘く見てはいけない。

それにしても、新庄監督の強気ともとれる上のコメントからは、「まだまだCS進出を諦めていないぞ」という空気が漂っている。気のせいか...。
あれは完全にミラクルを狙っている顔だ。で、新庄だとやってしまいそうな雰囲気もあったりするから癪に障る。
ま、うちとのゲーム差を2くらいまでに詰めてから言ってほしいというのはある。



さて、イーグルスは今日からアウェイでのホークス戦。まさに敵地に乗り込んでの3位決戦である。先発は岸で、このあと田中将大、荘司康誠と続き連勝を狙う。

ロッテ戦でベンチに帰ってからグローブを叩きつける行動で周囲を驚かせた岸は、あのときの悔しさをまんまホークス打線に向けてほしい。
田中はオセロではないことを続けて見せてほしいね。前回は大崩れこそしなかったが、まだ若干の不安を残している。心配ご無用というところを見せてくれれば連勝は自ずとついてくる。
そして、荘司くん。ボールの強さなら間違いなくチームNo.1である。長いイニングを投げられる若さと体力も彼の右に出るものはいない。もう完全に3連勝狙いの布陣なのである。

ちなみに日ハムはライオンズとの3連戦。上沢、加藤、伊藤で臨むらしい。やはりあっちも3連勝を狙っているようだ。ま、それはどうでもいい。ゲーム差が2くらいまでに迫ってきてから考えればいいことだ。

互いに頑張ろうではないか、新庄くん。いずれ4連戦という日程が待っている。その時に何位にいて何ゲーム差ついているか、問題はそこだ。

あぁ、楽しみでもあり不気味でもあるw。