ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

楽天イーグルス戦を中心にプロ野球観戦日誌を書いています。ゲームがないときは身辺雑記も書くよ。

病院のマッサージが神業だったという話...

しばらく背中の左肩甲骨付近が苦しくて悩んでいる。かれこれ3ヶ月くらいたつが、良くなったかと思うと再発したり、なかなか完治しない。筋肉痛だと思うが、何か激しい運動をしたという記憶もない。「痛い」と言うより「苦しい」感じのする違和感だ。

原因のわからない身体異常に「老化現象はやだねえ...」と半分投げやりな気分になっていたが、ネットで「背中の痛み」をググると「内臓系の疾患」を指摘する記事などもあって、少し心配になってきた。なので、仕事が年末の休みに入ったところでとりあえず近くの整形外科へ行ってみた。

問診を受けたあとで医者のいうポーズをいろいろとらされた。その都度、「痛みはありますか?」と聞かれるのだが、特にそのポーズをとったからということでの痛みはなかった。

首のレントゲンを撮ることになった。で、すぐに写真を見ながら医者が説明してくれたところによると、

  • 首に異常はない。
  • 年齢的に見ても歪んだりした異常な箇所が少ないくらい。
  • 直接的な痛みの原因は不明なので
  • とりあえずリハビリ治療をしながら様子を見ましょう。

ということになった。

リハビリ室へ行くと、大勢のお年寄り。ま、中には比較的若いのもいる...w。で、担当の人がここでマッサージやら運動療法やらをしてくれるらしかった。一通り治療の概要を説明されると、背中のマッサージが始まった。するとどうだろう...

実に的確に背中の凝りに沿って揉んでいくのである。「あ、そこそこ...」という箇所を丁寧に、ときに強く、ときにジッと圧を加えたままにしながら...。

まさに神業だ...と感心した。この3ヶ月の間、街なかのマッサージを受けたこともあったが、ここまで的確に違和感のある箇所を揉まれたことがなかった。揉む強さの加減がまた絶妙だった。うぅーん、イタ気持ちいい...という強さで、まさに凝り固まった痛みをほぐしていく感じである。いやあ、すごいよ、病院のマッサージ...。
f:id:uesugi_rintaro:20211229082147p:plain
マッサージが終わったあとで

  • うつ伏せから腕を立てて上体をそらすストレッチ(5回2セットを目安に日に何度か)
  • 正面を向いた状態から顎を引きながら顔全体を後ろにスライドさせるストレッチ(顎を指で抑えながら後ろにずらす感じ)

を毎日続けてみるように言われた。

リハビリ期間は数ヶ月あって、痛みがとれないときはここに来て担当の人のマッサージが受けられるらしい。しかも1,000円かからない治療代で済むみたいだった。街中の整体やマッサージに行って数千円の料金を取られるよりよっぽどいい...。率直な感想であるw。

治療代を精算したあと、処方された湿布薬を近くの薬局からもらい帰宅。

で、翌日の朝にこのブログを書いているが、昨日の的確なマッサージの効果と、帰ってから実践したストレッチの効果と、貼って寝た湿布薬の効果と、ま、大きくはこの3つの効果だと思うが、背中の痛みが嘘のように小さくなっていた。ほんと、不思議なくらいの変化である...w。つづく...