わしろぐ

60代ジジイのプロ野球観戦レビューと身辺雑記です。/ in Sendai

よそのチームの〈大砲〉とか〈補強〉とかが気になる今日このごろ...




 

プロ野球 助っ人ベストヒット50 地上波テレビの野球中継で観ていた「愛しの外国人選手たち」

気になっている順番に書く。

ロッテ

 ロッテが元DeNAのソトの獲得を発表した。ポランコにソト、その前はレアードがいたしマーティンがいた、その前はデスパイネがいたし...。ロッテの助っ人外国人のスカウティングは本当に的確ですばらしい。
 勢いに乗って言わせてもらえば、東北出身のいい選手を見つけ、獲得するのもうまいよね。東北がホームの楽天としてはちょっと悔しい、いや、情けない。
 ま、ロッテは仙台を準ホームとして戦っていた時期もあるから、東北のプロ野球チームとしての先輩といえないこともないのだが...。
 少し話がそれた。いずれにしても楽天はロッテの助っ人補強のノウハウを是非とも見習ってほしい。それにしても、ソトが入ってポランコもとなると、ロッテはさらに強くて厄介な存在になるなあ。オリ、ソフバン、ロッテの3強時代突入だけは阻止したい。

ソフトバンク

 山川(西武)のソフトバンク入りもいよいよ現実味を帯びてきたか...。ギータに近藤、これに山川も加わるわけだ。これだとだれが監督やっても勝てそう...、という気になってくる。残る課題はピッチャーということになるが、たしかモイネロを先発に回すという話があった。選手層の厚いチームだからなんとでもやりくりできそうだ。

オリックス

 オリックスは大砲を追加したというような情報はないのかな。今シーズンは吉田が抜けた穴を森でほぼ埋めた感じがあったけど、なんだかんだと頓宮のような選手も出てくるし。強いところというのは本当に層が厚い。ま、層が厚いから強いというのもあるか。

日ハム

 日ハムは、先日、新外国人の獲得が報道されていた。よそと違い大砲期待ではない、俊足巧打の選手というから日ハムらしい。ま、あそこは若きホームランキング万波がいるから。ほかにも若いところに大砲候補がゴロゴロいるイメージがある。

西武

 山川が抜けそうな西武はどうだろう。...と思っていたらマキノンもいなくなるようだ。よそのチームながら、これは相当痛いだろう。というか、マキノンを楽天が獲得するという展開はなかったのだろうか、正直、そう思ったり。
 過去記事を遡ってチェックしてみたらコルデロという新・大砲(助っ人)を獲得していたね。どちらかというと投手の助っ人を厚くした印象である。が、あそこはもともと山賊打線といわれるくらいの強力打線が売りのチーム。なんだかんだと新しい大砲が出てくるかもしれないから要注意なのは変わらない。

楽天

 こうしてみると、やはり楽天の出遅れ感、補強不足感は否めない。大砲、特に助っ人に関する限り、今季プレーしたフランコとの契約更新というニュースはあったが、1年目があんな感じだったから過度の期待はできない。
 となると、楽天の大砲は浅村、島内の2台あるが、やや旧型で調子に波があるところがね、少し気になる。打ってほしいとき、ここぞってときの一発の出る確率は年々低下傾向である。
 この2人の持ち味はどっちかは打つというスタイル、互いにカバーしあうところだから、そこが機能しなくなるとややつらい。つまりどっちも打たない期間がどれだけ出てくるか。
 日本一になったときのAJとマギーのような関係が理想的というとハードル上げすぎの感じになっちゃうか。ま、フランコも加わって3人でカバーし合うというのが理想形。今後の新・大砲の獲得情報にやはり期待しちゃう。