わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

これだけ負ければ、そりゃ観客も減るよ...

リーグ戦再開

再開したリーグ戦の最初のカードはパ・リーグ最下位のライオンズでしたが、その初戦をエース(?)ノリで落としました。6連敗中のヤクルトに敗れ、セ・リーグ最下位のドラゴンズに敗れ、そしてパ・リーグ最下位のライオンズにも敗れ3連敗。もう、今のイーグルスはどこだったら勝てるのでしょう?....そんな状態になっています。


E4−5L

「戻しては吐き出し」の繰り返し

打線がようやく上向きになってきたかと思ったら、今度は投手陣がゲームを作れません。

昨日のゲームも先発のノリが初回に2失点、いきなり2点ビハインドからのスタートになりました。その後は立ち直り、6回2失点とゲームは作ったようにも見えますが、このスタート(立ち上がり)がやはりゲームを方向づけた気がします。

味方打線が2点返してようやく追いつくと、今度は代わった投手が先頭にいきなり被弾(7回表、先頭のマキノン、ソンが1ボールからの2球めを被弾)、たちまち1点ビハインドに戻ります。その裏に味方がすぐに追いつくと、次に代わった投手が今度は2失点(8回表、酒居が2アウトから3番外崎、4番渡部健人をヒットと四球で出塁させると、次の中村剛也に2点タイムリー)、ダメを押されました。

マイナスからのスタート、戻しては吐き出し(1失点)、戻しては吐き出し、更に吐き出す(2失点)。最後は、戻したけど1点(半分)だけで結局敗戦...。戻してそこから上積み(勝ち越し)できないところに地力の限界を感じます。今の力でマイナススタートは厳しいということ。


付け入るスキ(楽天が相手だとまるで別チームに...)

ライオンズは外国人の一発と、復帰したばかりの大砲のタイムリーで勝ち越すという、ある意味理想的な勝ち方になりました。ヤクルトといい、中日といい、西武といい、それまで弱かったチームが楽天が相手だとまるで別チームのようにいいゲームをするのは何故でしょうw。相性というか、チームの雰囲気、戦い方に付け入るスキがあるということでしょう。ホームゲームは相手の攻撃からです、そこで先制点を許してスタートさせるのは、まさにその典型です。

観客にも見放され...

交流戦の平均観客数が、楽天だけ前年比マイナスというニュースがありました。
借金も10に逆戻りだし、ミラクルなんてこの先ありそうもないし、チームや選手は別として、それを動かしている今の監督、球団からのファン離れがいよいよ加速している予感です。この予感がそもそも私自身の正直な気持ちから来ているし...。