わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

今江監督の「MVPは茂木」を信じたい...。

 キャンプの第1クールが終わり、今江監督はMVPに茂木を選んだ。今シーズンの復活に期待する選手はわたしの中で少なくとも2人いるが、その一人が茂木栄五郎だ。浅村の3塁コンバートに伴ってこのキャンプから2塁の守備練習をしているようだが、どんな形でもいいから茂木のスタメン復帰に期待したい。茂木の良かった頃のバッティングが戦力に戻ってきたら下手な助っ人よりも頼もしい存在になるのは間違いない。2塁にはレギュラー本命の小深田がいるので、この2人のつぶしあいはちょっともったいない感じもあるが、シーズン中に全員がベストコンディションということはまずないから、守備隊形のバリエーションを増やすという意味では悪くないのだろう。小深田の機動力と茂木のパンチ力と、この2つの戦力をどんなふうに使い分けるか、または両方使う隊形をどう作れるか。今江監督の采配の才にかかってきそうだ。いやあ、楽しみ楽しみ。
 


 今江監督は茂木をキャンプ第1クールのMVPに選んだわけだが、茂木の評価を次のようにコメントしていた。

「バッティングの方でも、かなりちょっと今までとは違う、昔のいい時の感じと、また進化したものが見えるんじゃないかな」

「かなり」?「ちょっと」?いったいどっちよ?...という突っ込みはこの際ひかえるがw、昔のいいときの感じと、そこに進化が見えたとなると、昔のいいときの「パンチ力」が戻り、進化とは「打ち損じが少なくなった」ということだとすれば、期待は大きく膨らむが...。
 茂木を一軍のゲームで見た最後のイメージは「やたら打ち損じが多い」というものだ。一発を期待する場面で茂木に打席が回っても裏切られっぱなしだった印象しかない。このイメージを今シーズンこそは払拭したい。今江監督の茂木の診たての確かさを信じたい。