わしろぐ

ちな鷲ジジイの観戦日誌。身辺雑記もあるよ。

「どん兵衛 天ぷらそば」をほうじ茶で作ってみた。

 正月番組を見ていて、あれはたしか「伊東家の食卓」だったと思うが、「アッ、これ絶対やってみたい」と思ったのがどん兵衛の天ぷらそばにお湯ではなくほうじ茶の熱いのを入れて食べるというやつ。これが相当旨くなるらしいのだ。原理は蕎麦つゆのなんとかという成分とほうじ茶のなんとうかという成分が旨味を倍増させる好相性ということだったな...。
 セブンイレブンで買ってきた。

ペットボトルの容量は600ml、どん兵衛はレギュラーサイズだ。

 できたのはこれはだが、見た目じゃわからないな。

 食レポは苦手だが、簡単に感想だけ書いておく。

  • ほうじ茶の香りがする(当たり前だけど)。それが嫌な感じではない。
  • お汁がスッキリした感じかな。薄いとは違う。
  • 旨味が倍増するというフレコミだったが、そこまでの違いがあるかはわからない。ただ確かに旨い。
  • 普段、カップ麺のお汁はほとんど飲まない方だが、これは飲んでしまった。あやうく飲み干すところだった。
  • 食後に残った熱いほうじ茶(約1杯分)を飲める。ちなみにペットボトルは600ml。
  • ペットボトルのほうじ茶の分だけ割高になるが、やってみる価値はある。

やってみようかと迷っている方の参考になれば。わたしは、次は普通にお湯で作ってみて違いを実感してみたいw。