ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

楽天イーグルス戦を中心にプロ野球観戦日誌を書いています。ゲームがないときは身辺雑記も書くよ。

しっかりしろ、田中将大!

  • E1−3C

交流戦最下位のカープ相手に田中将大が8イニング投げても勝てません。打たれた田中が悪いのか、援護できない攻撃陣が悪いのか...。
どっちが悪いという問題ではないのは分かりますが、田中ゲームって、いつもこの一点でモヤモヤが残ります。少なくとも私はそうです。

やっぱり「先制点を許しちゃダメだよなあ...」は私の第一印象。しかし、これは田中寄りに見れば「たまには先制点獲ってやれよ...」ということになります。「援護なし」という言い方はまさに田中寄りの見方です。

広島打線が楽天打線より上だったという見方もできるけど、広島の先発が田中よりも上だったという見方だってできる。

前回は一発攻勢にやられた田中でしたが、今回は集中打でしたね。

で、普通のピッチャーなら「援護なし」でもいいんです。8イニング投げて自責点2は立派なもんです。ただ、田中の場合はやっぱり違うんだなあ、それだけの力も実績もあるし、ついでに言えば年俸ももらっているw。

先制点を許すなんて言語道断、それも2失点って、いつもなぜか1点余計です。しかもしかもそれがゲーム中盤に入ってから。そこまで粘ったら最後まで粘ってよ....と思うわけですw。

しっかりしろ、田中。これは田中へのエールです。

そんな中、島内がようやく田中ゲームで打点1をあげました。これが突破口になることを祈るばかりです。あと、田中にとっての女神は「紅のコジラ」ではないかという気がしてきました...。