わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌

早川もいいけど黒川もいいね...w

先発の早川の立ち上がり。

初回に近藤健介から一発浴びた。「出鼻をくじく一発」にはしたくないところ次の中田翔のファウルフライを太田がこのときは捕って最少失点。
近藤という安打製造機は本当に性能がいいね。顔だけ見るとうちのウチダに似てなくもないが、精度と相手に与える嫌らしさではメイドインジャパンとメイドインチャイナくらいの違いがあるな...。

メジャーでは考えられない作戦。だからこそ辰己には仕掛けてほしかったなあ...

2回表の0アウト満塁のチャンスにスクイズで同点に追いついた。メジャーでは考えられない作戦と解説者。日本の(?)野球に面食らったであろう相手の外国人ピッチャー。
次の辰己の打席が重要であったが、いつもどおりの大振りで日本経験の浅い外国人ピッチャーの立ち上がりのスキをつくことはできなかった。1番バッターとしてはもう少し嫌らしいアプローチもあったろうと思うがそんなことお構いなしの打席だった*1。少し黒川を見習ってほしいね。

で、外国人ピッチャーは2回で降板。逃げられた....

今日も黒川にタイムリー。3試合連続だぜぃ...

2点リード(1対3)で迎えた8回表。2アウト2塁の場面で我らが黒川が3試合連続となるタイムリー(2ベース)で4点目。ここまでくるとたまたまの結果ではない。勝負強さ、野球センス、プレーヤーとしての実力自体が本物だということだ。

8回裏

早川は当たり前のようにマウンドへ。
8回裏には茂木に代わって村林がサードへ。「村林で守備固め」というよりは「茂木を休ませる」がメインだろう。延長がないのでこういう切り替えが可能。

早川が9回裏も行くかと思ったら松井裕樹だった。

セーブシチュエーションではあるが点差は3点。松井劇場もやや大人しめかなと期待したとおり、3人で終えた。そうこれこれ。いつもこのくらいのラストだと身体にも良いのだなw。

*1:この日は5打席ノーヒット。というか3三振。いつの間にか打率も.273