わしログ

ちな鷲じいさんのプロ野球観戦日誌です。

「オールスターは中止」...と決まっただけ。


www.daily.co.jp

NPBがオンラインによる臨時の12球団代表者会議を開催したというので、何が決まったのかと思ったら7月19日、20日で開催予定だったオールスターの中止が決まっただけでした。

「史上初」という言い方が少し大袈裟に感じました。「史上初」というのはたしかにその通りなんだろうけど、「史上初の中止」ということよりも、この状況下でもまだ「オールスター」をやる気でいたということの方が意外でした。オールスターなど真っ先に中止で良いと個人的には思っていたから...。

専門家からの厳しい意見があったようで、開幕の具体的な日にちまでは決められなかったようですね。ただ、「来月中下旬の開幕を目指そう」ということでとりあえずの目標は一致しているらしい。6月19日開幕の目標を断念したわけではなさそうです。

6月19日の開幕となると、あと1ヶ月ちょっと。当初の開幕が3月20日だったから、ちょうど3ヶ月の遅れになります。

選手のコンディションということだけで考えると、問題はいつから「全体練習」ができるかです。

楽天は8日からようやくようやくホームグランドを使用しての自主練習が始まったばかり。浅村に言わせると「身体は1月ころの状態」ということだし、鈴木大地も「身体はキャンプ前くらいに近い」とコメントしていました。

今シーズンの最初の実戦がいつだったかと球団のホームページを見てみたら2月13日の日ハムとの練習試合がそれでした。次が15日のヤクルト戦。キャンプインしてから2週間くらいで練習試合は始めていたわけです。

ま、今月中に、いや、ぎりぎり来月に入ってすぐにでも全体練習に入れれば、そこを「キャンプイン」として約2週間...。各選手のコンディションは実に怪しいけれど、6月19日からの実戦はとりあえずは可能ということになります。けど、ほんとうに大丈夫か...。

「プロだから決まったらやるだけ...」と選手たちは言うんだろうなあ。

ただ、練習試合とペナントレースでは力の入り方がぜんぜん違うだろうから怪我が心配です。やっぱり身体をしっかり作ってから始まってほしい。

選手たちは怪我の心配に加えて、新コロ感染まで心配しなければならない。

感染を防ぐために考慮すべき要素。
たとえば球場までの移動距離(長ければ長いほどリスクが高まる)、移動方法(公共交通機関だと感染リスクが高まる)、移動回数(減らすとリスクが下がる)、開催場所(移動に関するリスクを回避するには場所をどこにするか)、開催方法(無観客か入場か)などなど....。方策はいろいろ考えられますが、いざやろうとなると越えなければならないハードルが結構おおいですね。
www.washilog.com

いやあ、ほんとうに今シーズンは開幕できるんだろうか。というか、開幕してもいいのだろうか。