わしログ

ちな鷲の爺さんが野球や食べ歩きのことを書いているブログです。

東京都のロードマップ、「ステップ1」で開幕可能(無観客)みたい。


東京都の小池知事から「東京都ロードマップ」なるものが公表されましたね。日本一の感染エリア・東京のロードマップということで、これがプロ野球の開幕に大きく影響しそうです。

このロードマップは「休業要請を緩和するステップ」を示すものですが、現在いる位置を『ステップ0』として『ステップ3』までの4段階を設定してあります。

来週の月曜日にも解除されるという噂のある「緊急事態宣言」ですが、噂どおりに解除されれば、速やかに「ステップ1」へ進むようです。で「ステップ1」になると何が変わるかというと、

博物館や図書館などの展示施設や、観客席部分を除く体育館や水泳場などの屋内運動施設への休業要請を緩和する。

ということのようです。これによりプロ野球やBリーグなどのプロスポーツの無観客試合の実施が可能になるそうで、NPBはこれを待って具体的な開幕日程を公表していこうという段取りのようですね。

なんか山が動いた感じのする急展開です。

昨日のブログにも書きましたが、大阪の吉村知事も「大人が諦めたらいかん」と、これまでの「高校生たちを守る」という切り口とは少し違った角度からのコメントで甲子園大会に変わる大阪大会を開催すべく動こうとしています。自粛ムードが一転、イケイケムードになってきた感じさえします。

一方で「第二波」、「第三波」を心配する向きがあるのもたしか。「コロナの女王」が盛んに秋の第二波を予言していますが、彼女をこのままエスカレートさせてはいけません。この予言だけは的中させたくないw。

ま、日本人の性格からして、規制が緩和されても、個々人はより慎重に行動するような気もします。ガイドラインさえ示されれば、大きな混乱なく開幕し、運営されそうな気がしてきました。

ただ、甲子園の中止が決まった途端に物事がやけにスムーズに進みすぎではないでしょうか。なんか「夏の甲子園は何故中止するんだ?」みたいな雰囲気になりそう。

あと、大阪地区の高校だけになるかもしれませんが、吉村知事が大阪モデルと称して甲子園で高校生の野球大会をやったりしたら、大阪以外の高校球児がさぞ羨ましがることでしょうね。高校球児はただ野球がやりたいわけじゃない。甲子園でやりたい。甲子園の土を踏みたい。たぶん、そういうことですから。

吉村知事が動けば、小池知事も黙っていないはず。神宮大会を「秋の甲子園」にしちゃいそう。いや、神宮は神宮か...。

地方予選は中止になりましたが、独自大会の開催は「自主性に任せる」方針だったはず。吉村知事の号令の下、各独自大会の優勝校が甲子園に集まって大会をする、なんて流れになる可能性も出てきそうな雰囲気です。明らかに高校総体中止のときとは違った空気が流れています。

楽天は今月8日から球団施設を利用した自主練習が始まりました。そして20日には、グループ分けを2つに減らし、ユニホーム着用での練習に切り替わっています。「開幕」の尻尾が見えてきました。6月19日が開幕となると、もう1ヶ月を切ったことになります。